やる夫ミュージアム
 


     /               ./ヾゝi|i///}               \
     |        i ./   ,  /、\ ||///;|  ,   }        \
     /   ,      | |  , /| ./;.      //|  /           }
    {,、 / .  |   || .|| |/;;;;|/:::        "  |  /i          /
       | .ト、  |   |.|.|.ヽ|ー―- 、     ___|_./_.|  |  i       \
      \| .  ト 、. | リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.      ´  .|/ //| |     、  )
       | /\ .| \|__,. ===.._;;;;;;;;     ___" //|     /ヽ/      よう、みそっかす
       /{ b,. ソ\从;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ィ (。) ヽ ." /  ,    /
        / \{ \\|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ⌒"'ー。  / ./  /|         綺麗になったじゃないか
      /{   |\ ミ=‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /          ‐=彡" //| |
.   /  |i   |  ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;    、 ,             / ./|ノ .|.  |
  /  /|i  |  ∧;;;;;;;;;;;              ‐=彡/ .||  |  |
 (    ´  .|  |   ' ∧;;;;;;;;  ー- ..,,____   ,      /   |.|  |.  |
  ゝ    .|  |   .|   ;;;;;;;;;     __   ̄       /   | |  |  .|
 /     .i|  |    | | \;;;;            //    .| .|  ト.、|\
 {      |.|   |    | |   \            "//    i | |  | \ \
 |      / |   |    | |       、   ,,..  '" /| {    | | |  ト、 .\ \
./    / ||   |    | |       ` ´     / | |   ノ | |  | .\   \ \




       /  rイ /              `ヽ て)  ハ
        /  rイ /           |       \て)   |
        rイ/    | :| | |    :| | /   |.:| |   ∨)  |_
      |   Yヽ  .:| | :| | |   | :| |! :|:! ! ! | |  (Y) / ヽ
      |   リ  l | .! ! :! ! !  ハ |/| /:| | | :!__!{{ ヾY  |  〉
      「`ヽ∧_イ |、|_| :| | |  | | ,' 、!_| | /-/´| /`!  〉イ⌒i
      {r‐イ 〉 `ヽ | |下卞イヽ.| | |  !ノ / / 〃  〉v' .」 ∨
     /∨勿ハ   | ..| | __リ.   :|/    ,r_==<k ∧   レへ!        え…っ
      {/〃  ヽ 」 | y'  ̄           r  ヽ 》/  ヽノ|ヽ |\
     //ハ  |   |《 ./  ̄丶      { ゚ ノ〃    |  \
       | |   | ヽ {. ヽ ゚ '         ̄` /   |  |  |
       | |   |  ヽゝ   ̄     、     u  / イ  |  |  |
       | |   |  从         ___   ./' |   :|  |  |
       | |   |   ∧       {  __〉   / .|   :|  |  |
       | |   |   | \       ̄    /  /   /  :!  |
       | |   |   |    >     <  /   /  :!  |
      .〃⌒ヽ_!   |   r┴…`´ニ¨¨> /  :/  _   |
      /::::::::::::::::::\  |   /::{{::::,,:彳ヾ 、::}}/  /  /:::::::::`ヽ
   //::::::::::::::::::::::::::\!_/::::::ヾ='':::|ハ|:::::/  ∧_ /:::::::::::::::::::::\
  / /::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ:::::::::::::::/  !:::::j::/9 \::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

          水銀燈は花街の頂点に立つようです



第一話 出会い

第二話 身請け 

第三話 歌姫 

第四話 咲き誇る花 

第五話 焦燥 

第六話 再会 

第七話 戦士 

第八話 毒 

第九話 王と蛮族 

第十話 騒動 

第十一話 宴 

第十二話 愛と恋 

第十三話 花が散る時 

第十四話 迷い 

第十五話 暗雲 

第十六話 別れ 

第十七話 来訪 

最終話 際会 

第五話 焦燥(リメイク)

※同作者様のこの話の続編がございます。

 ルルーシュは西離宮に住んでいるようです


関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
-->