やる夫ミュージアム
 
目次


86: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:36:03 ID:Xni2Wu.oSa

         /`iー::1
       ′ `ーヘ
        /     メ`         それでは第三話の投下を始めます。
     /:)     {
     .′  _,...ヽ. |          だいぶ時間がかかりました。すみません。
     {  (:::::::八 {
     _> ,、__, `ヽ
   と イ≧ ----- ’

87: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:36:17 ID:Xni2Wu.oSa

                   _ _
                   (ン 。 `。く)             ◆ 前回のあらすじ!
                     /    rァ} }    ,..,..、
                   /    ', ̄ノノ   /ニニヽ        永遠タウンに巣食う悪しき魔王、アカクラゲの真紅を
               /      ン´ {  , ' `¨ミシ
              /      ´   `¨    /          .打倒したやる夫と巴マミ! しかし突如として現れた
            /                   /
           /   、 /     ミ`    /          真紅の子供が涙する姿にほだされ、やる夫は真紅を
           ,'    /ミ'       ` r`゙`
            {    },'         {               ノーワンリブズフォーエバーの力で蘇生してしまう――。
           ゞゞ゙' ,'          ミ
               j          ミ              だがそれは罠だった! 真紅の子供は実は子供でなく
            、゙             ミ
                ミ  ヽ、         ミ              過去のやる夫であり、真紅をママにするために
              ミ    } /'    .ミ
              ミ      '      ミ             真紅の子供のふりをしていたのだ――!
             ミ    ノ,,,       ミ
            }   ,'´  '''''Y     }              逃げる真紅と過去のやる夫! それを追いかける
           ノ   j     {    {
             'ー‐ '      ヾ,,, }               現在のやる夫と巴マミ! 決戦は魔王城で行われる!
                       ̄

88: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:36:30 ID:Xni2Wu.oSa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────







                                              、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_. 人
                              ┏━━━━━━━┓                               (
                                               ..「最後に教えてやるお……やる夫はお前自身。.(
                                       (過去)    .                               (
                                               ..かつてお前が自分の能力で切り捨てた、    .(
        ____                   ..┗━━━━━━━┛                               (
      /      \                              )..過去のやる夫自身なんだお!」            (
     / ─    ─ \                                 )                              (
   /   (●)  (●)  \                              ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.Y
   |      (__人__)     |                                  ヽ ` ー- __
    \    ` ⌒´    ,/                                      `ー- .._   ニ ‐- 、
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                                         , '"       \
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |                                      {/        \
  /    / r─--⊃、  |                                         ヽ'/        丶
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                                       ヽ. _´\      \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

89: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:36:40 ID:Xni2Wu.oSa

  ___
 |/∨\|       _____________  |______
 |>◎<|       ||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 |\∧/|       ||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 ! ̄ ̄ ̄      .||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 i           .||    |    ||    |    ||  |::::::::::::::::::::::::::::;||
 i            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .|:::::::::::::::::::::::::::;;||
  _____________________ _ |:::::::::::::::::::::⊆li||
. / ┏ (*) ┓  .//| ̄ ̄ ̄ ̄|\_________________┌=X\ :::::::::::::::::::;;;;||
/┏ (*)  (*) ┓//,_l========'_\______\\ \ ::::::::::;;;;;;;;||
|_◎/二二二ヽ.[~]_||    。|。    ||'~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~'|~゚~| ::::::;;;;;;;;;;;;||
| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|~゚~| :;;;;;;;;;;;;;;;;;||
|______.|.______||______.|.______||______.|..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          / ̄ ̄\                     「あのなやる夫。父さんと母さん、明日から幸せの国に行くんだ。
       /  「  ヽ ( ;;;;(
       |  (●)(●) ) ;;;;)                それで、お前は留守番しててもらうことに決めたから」
       |     |   /;;/
       |   ___´__ l;;´|             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |  /´ニト━・ !
        ヽ l _ニソ   /
       __ /ヽ、_ノ  ノ__
     /  /  /      `ヽ.
     /´   ./      ,.  ヽ.
     ト、___./        |、  ヽ
      |         |/  /

90: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:36:58 ID:Xni2Wu.oSa

      ____
     /―  ―\                            ┏━━━━━━━━┓
   / ●   ●  \
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |                              「いつまで?」
   /⌒l        ィ’
   /  /        ヽ                            ┗━━━━━━━━┛
   |  l      Y  |



     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)                          ┏━━━━━━━━━━━┓
   |      | |
   |     __´_ノ                            「たぶん死ぬまで」
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃                         ┗━━━━━━━━━━━┛
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /

91: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:37:23 ID:Xni2Wu.oSa

      ____
     /―  ―\                  ┏━━━━━━━━━┓
   / ::::::::::::::::::::::  \
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |                   「……どうして?」
   /⌒l        ィ’
   /  /        ヽ                  ┗━━━━━━━━━┛
   |  l      Y  |



      / ̄ ̄\
    /   -‐'  \              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |    ( ー)(ー)
.     |      │ │                 「いやあ、幸せの国に行くまでのチケットが
     | U   ___´___ノ
      ,|        }                 二枚しか取れなくてなあ。父さんも頑張ったんだが。
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ                     二枚じゃ父さんと母さんしか行けない。仕方ないだろ?」
    \ `'     く
     ヽ、      |                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |     .|

92: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:37:39 ID:Xni2Wu.oSa



      ____               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /―  ―\
   / :::::::::::::::::::::::: \                「いや、そっちじゃなくて。
   |:::::::::::::::::::::::::::::⊃ |
   /⌒l        ィ’                 どうして幸せの国なんかに行くんだお」
   /  /        ヽ
   |  l      Y  |              .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                          / ̄ ̄\
      ./ ̄ ̄\               /      \
  ..../      \               | :::::::::::::::::::::::::::|┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   |  ::::::::::::::::::::::: |              .| ::::::::::::::::::::::::.│
   |  ::::::::::::::::::::::::: |              .| ::::::::::::::::::::::::: |.. .「そりゃ、たぶん貧乏暮らしだったけど……。
   | ::::::::::::::::::::::::::│    .,_‐‐‐‐_、   .| ::::::::::::::::::::::::: .|
   | :::::::::::::::::::::::::: l    /●   ● \. ヽ:::::::::::::::::::::::::/... .父ちゃん母ちゃんと三人暮らしで、やる夫は幸せだったお。
  ....ヽ :::::::::::::::::::::: !   |⊃ (_,、_,) ⊂|   ヽ       /.、
   ....ヽ       ノ    /⌒l     ィ    `'ー…ォァ´     .今更、幸せの国になんか行く必要があるのかお……?」
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ]ゝ
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ__,ノ   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.     |     /        〈〉        ヽ       |
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ       /
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ___/

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

93: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:37:51 ID:Xni2Wu.oSa



         __     .━┓
.      / へ\    ┏┛             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.     / ノ   (●)\  ・
    | (/) \   \                    「あー。そういや言ってなかったな。
    |        , _  ヽ
      \       /    |                 父さんと母さんな、実は生まれたときは貴族だったんだ。
      \         /
.        \  ⊂ヽ∩                 色々あって今じゃあこんなボロ小屋の暮らしだが」
        /´    (,_ \
         /       \. \         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.        /   /       |. \ソ
      (  y'      .|





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                          / ̄ ̄\
      ./ ̄ ̄\               /      \
  ..../      \               | _  、_. |
   |    -‐'  へ |              .| ヽ・〉 〈・ノ .│    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   |  (● ) (● ) |              .|    ▼     |
   |     |  │    .,_‐‐‐‐_、   .| ヽ_人_ / .|         「だからなー、二人ともずーっと思ってたんだよ。
   |    __´___   l    /:::::::::::::::::: \. ヽ.. .⌒⌒  /.
  ....ヽ        !   |⊃:::::::::::::::::⊂|   ヽ       /.、       .『ああ、家が没落しなかったら、もっと金があれば
   ....ヽ       ノ    /⌒l     ィ    `'ー…ォァ´   \
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ]ゝ      ヽ     .こんな暮らしなんかせずに済んだのに』」
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ__,ノ        l
.     |     /        〈〉        ヽ       |.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ       /
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ___/
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

94: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:38:06 ID:Xni2Wu.oSa


     / ̄ ̄\
    /ヽ へ   \   , :┐                         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.   ( ●)( <)    | / |
    |  |        | /   /                               「『こんなクソみたいな暮らし、
    i __`__r-、  l/  /
    { `ー'ヽ, ',. .,/ :/',                                   .いつか絶対抜け出してやる』ってさ」
.    ヽ.   |  l_/_, -‐、',
.     ヽ.  |   / , --'i|                            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     /   {  V , --ヘ
     |   ヽ  L| r= |





                                           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     ____                                     「駄目なんだよ、やる夫。俺たちはこんな
    /―  ―\
  /  ●   ● \                                 クソみたいな暮らしじゃ幸せになれない。
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|                    r-
  ヽ       i⌒ヽ                  ヽ ` ー- __        生まれた時からクソみたいな暮らしだった
  /       λ  )                   `ー- .._   ニ ‐- 、
                                    , '"       \  .お前とは違うんだよ。悪いけどさ」
                                     {/
                                     ヽ'/    ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                       ヽ. _´\

95: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:38:20 ID:Xni2Wu.oSa


   / ̄ ̄\                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 /   「  \
 |    ( ●)(●)                「だから幸せの国に行くんだよ。不幸だから幸せを望むんだ。
 |       | |
 |     __´_ノ                  大丈夫、俺たちは絶対に幸せの国で幸せになってみせる。
 |     `ーnl^l^l
  ヽ      |   ノ               お前が心配するようなことなんて、何にもないんだぞ」
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



          ./ ̄ ̄\
          ./      \
        | _  、_. |
          .| ヽ・〉 〈・ノ .│
          .|    ▼     |               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          .| ヽ_人_ / .|
         .ヽ.. .⌒⌒  /.                「分かってね。やる夫。お願い、分かってね……」
         { ヽ       /.
        | `'ー…ォァイ _             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
     /      ,⊆ニ_ヽ、  |
    /    / r─--⊃、  |
    | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

96: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:38:34 ID:Xni2Wu.oSa



      ____
     /―  ―\             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   /::::::::::::::::::::::::: \
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |                 「……分かったお。心配しない。もう分かったお」
   /⌒l        ィ’
   /  /        ヽ             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   |  l      Y  |

.

97: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:39:07 ID:Xni2Wu.oSa

                    ___
                   /     \ rl^i、
                 /          :|il 「|
               /    ヽ_, , ノ | ./ 〉
                |    (○)  (○|  }         .┳┓┏┏━┓  ┏━┓┳┓┏┏━┓
               \    (__人_ノ   /        ┃┃┃┃  ┃  ┃  ┃┃┃┃┣━
               γ ⌒` ̄ ̄´  /          ..┛┗┻┗━┛  ┗━┛┛┗┻┗━┛
               〈    、 ___/              ┳    ┳  ┳ ┳ ┏━┓┏━┫
               ∨      /  /             ┃    ┃  .┃ ┃ .┣━  ┗━┓
              〉  _/  /                ┻━┛┻   ┗┛ ┗━┛┣━┛
               /   ーァ   /:\              ┳━┓┏━┓┳━┓┏━┓┳ ┳ ┏━┓┳━┓
               /   `ー='イ:     \          .┣┫  ┃  ┃┣┳┛┣━  .┃ ┃ .┣━  ┣┳┛
              /    / `\     \         ┻    ┗━┛┻┗┛┗━┛ ┗┛ ┗━┛┻┗┛
            /    /    `ン    !
        ./    /      /    /                         act3.“日常”
      ./    /       !、____`)
     .(´_____ ___ノ
      .` ̄  ̄

98: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:39:20 ID:Xni2Wu.oSa



       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;.┏━━━━━━━━┓
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;:
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;    - 魔王城 -
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;'
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:.┗━━━━━━━━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';; |
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;:
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!

99: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:39:38 ID:Xni2Wu.oSa

    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||                ――包丁がまな板を叩く音がする。
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||  / / ̄ ̄ ̄ヽ   ||||| ||                ゆらぐ湯気の中から、僅かにスープの香りがした。
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||                玉座の間で、過去のやる夫は喜びのあまり目を細める。
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ||||| |||  |  ̄ ̄| ̄|   ̄| ̄|| | ||                     ____
    ||||| |||  |     |  |    |  || | ||                    /⌒  ⌒\
    ||||| |||  |     |  |    |  || | ||                  / 〓   〓   \
 ̄ ̄||||| ||| ̄ ̄ ̄ ̄\\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\         |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    ||||| |||        \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄l\\        /⌒l       ィ’
    ||||| |||         \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\    ./  /        ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  l      Y  |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

100: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:39:50 ID:Xni2Wu.oSa

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ }:.} ヾ!  /                        、  /:|
:.:.:.:.:イ:.:.:.:/:::::::ヾ!~^"''~、、           _       }! / :!
=≦::レヘ;{:::::::::::::::::::::::::::::::::::/        >''~ ∠^~  ~''< | :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        γ  _,.ノ  )~~"''*、_ .| :::| _
ー―-----一    Y‐-、     /  ^~  ,イ:::::::::::::::::::::二ミト< |
                    \    /    f:´::::::::::::::::::::::::::/  /ヾ:::ム
                 `'' /    .圦:::::::::::::::::::::::::{   {:::| 刈|! ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   `ヽ、  ノ \::::::::::::::/ ヌ  V  |}:::!
                       Y   ,ノヾ;::::::/ V   .`  .} }::!   .台所では、真紅が料理をしている。
              ,.ィ:ヘ     | ,.。*'"     T Y      ハ::|
             _、+'”三三}    .レ       〉.{      / }::|  ...ほんの少し前まで魔王だったとは思えないほど
         /三三三三ニ     /___       ,.レ‐--ミ、  / .j::j!
         /三三三三三ニ   ノ  ハ   f三三}   ヽ/  /:/  .....慣れた手つきで、すらすらと刃を動かしていた。
      /三三三三三三/         }    |三三}    |::〉/:/
    ,ィ仁三三三三三三〈_     ノヘ、  |三ニ三   .|/ {::{  ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   /三三三三三三三三三く、--‐''´    ト、!三三ニ   |! {::|
  /三三三三三三三三三三三} -―''´ ノ  ヾ三三|   |! {::{
 {三三三三三三三三三三三三\         }三ニ}  /  {::{





                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ____
      /⌒  ⌒\                   あと少し待っていれば、温かい食事が来るだろう。
    / 〓   〓   \
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |                     そのあとは二人で食卓について、
    /⌒l       ィ’
   /  /        ヽ                    何気ない会話を交わしながら食事にありつく。
    |  l      Y  |
                                   ……この光景を、やる夫はずっと夢見ていた。

                              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


101: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:40:27 ID:Xni2Wu.oSa

          _
          / : : : :`ヽ
        {: :_:_:_: : : : キ
        /     `ヾ{:ヘ
      i / __i  l__ j: :ハ
      ゝy‐ミゝ イミ、 Yニ≧x、
       n / ij  ヒj yiシ: : r‐’        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    f ̄  ヽ r―‐ォ ./ 薔}¨|
   ゝ.__/∧ゝ--く/ /ィ": !            「さあ、やる夫! 今日のご飯はハンバーグよ!」
       |:./: : ヾ: : : :ヽ! |  |
     /^ヾミx:_:_:_:_: :ハ |  |            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.    {: : /゙: : : : : : : :! i:|  |
     Y: : : : : : : : : | l!|  、
  r‐、_.ィl: : : : : : : : : :| l !   ヽ
   ヽ: : : : : : : : : : : : :\!_. ィ \
     ーrミ:、: : : : : : : : : : : ノ ./



        ,ィ
        / |             /uiu、
      ./ /|          |   |
     / //  ____   ヽ /          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      / // ./―  ―\  | |
    | // /  ●   ● \ .| |               「やったー! でも実はやる夫、ハンバーグって
     ヘ〈_ |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|⌒)
     〈_ィ\   ヽ_ノ    //               .どんな料理だかよく知らないお」
      \          /
       i          /                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |           i



          ,r‐'⌒^ーォ
        .ィ"::::::::::::::::::{
       /:.{:.---- <
    「ミrf:.:.:.:.j'    、   ヽ               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    .}:.:.!;!:.:.:.:i ィ i   lヽ  }
    .ハ:.キ:.:.:.ノハi!从 人ハノ                    「ママは過不足なくハンバーグを知ってるけど
   | |`薔〈   ┃ ┃ |
   | | ゞヘ !:::::     :::::〉                    やる夫が知らないならママも知らないのだわ」
   | l  >!\ー―一rf′
   | | /:.:.:.:.f三@ニトラ!                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   | | ム:_:_:_ヾ/:lシri :!

102: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:40:41 ID:Xni2Wu.oSa


            _________                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ,, -'''"               :゛`'丶.、.......
     '´                    ::::::::::...`.::::::::....           「でも嬉しいお! やる夫はいつの日かママに
.     i       (         )   .::::::::::  !::::::::::::...    .
.     ヽ、            _  -‐=  ¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨¨  =  ....ハンバーグを作ってもらうのが夢だったんだお!」
        `=ー--、....,,,                :::
          ``../                                 「フフフ……やる夫は大げさね……フフフ……」
           /         -‐                 ‐-
           .∨     /                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            .\     {                         }     /
              `’< \                        / >‘´
                       ‐-=  _________  =-‐
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    l三三三三三三三三三三三三三三三三三|





                                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                              「ところでママ、今日のご飯は一体何だお?」
            ,r‐'⌒^ーォ
             ィ"::::::::::::::::::{                            「分からないのだわ。一体何なのかしら、これ」
         /:.{:.---- <
      「ミrf:.:.:.:.j'    、   ヽ                             「分からないなら仕方ない……」
      .}:.:.!;!:.:.:.:i ィ i   lヽ  }                   ____
      .ハ:.キ:.:.:.ノハi!从 人ハノ              /―  ―\ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     | |`薔〈   ┃ ┃ |                  / ●   ●  \
     | | ゞヘ !:::::     :::::〉                  |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
     | l  >!\ー―一rf′             ./⌒l        ィ’
     | | /:.:.:.:.f三@ニトラ.〔 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}コ==z..        ヽ
     | | ム:_:_:_ヾ/:l.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .Y  |

103: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:41:06 ID:Xni2Wu.oSa

        ___
     /―  ―\           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   / ●   ● \
    |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|             過去のやる夫は思う。これこそ自分が望んだものに違いないと。
   \        /
    (  ~⌒γ⌒ )              ここでは、自分は何も心配はいらない。怯える必要もない。
     λ `ー'^ー'i
     〈      ノ               ただ穏やかな時間に身を任せていれば、それでいいのだと。
      j   厂 {
     (_ 人_ヽ             .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







        ___                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /―  ―\
   / ―   ― \                   理不尽な暴力。あるいは暴力的な理不尽。
    |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
   \        /                    それらをぐっと飲みこんで、我慢しなければ
    (  ~⌒γ⌒ )
     λ `ー'^ー'i                     いけない日々とは、永遠におさらばできたのだと。
     〈      ノ
      j   厂 {                   この時、彼は心の底からそう信じ込んでいた。
     (_ 人_ヽ
                             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

104: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:41:19 ID:Xni2Wu.oSa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __      ..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|      .|.  ここは日常の魔王、過去のやる夫の魔王城――。  ...|
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|      .|                                    |
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|      .|.  つまり“永遠”に“日常”を続けるこの城に、          .|
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐ |                                    |
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;.┏━━━. |.  あらゆる非日常は入ってくることはできない――。   .|
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;:         |                                    |
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;    - 魔. |.  つまり彼を打ち倒そうと考える非日常たち――。     .|
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;'         |                                    |
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:.┗━━━. |.  ただしもし一組、例外があるとするならば――。      .|
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;.|__________  _____________|
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|              V , '´l,
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|              , -─-'- 、i_
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';; |        .__, '´       ヽ、
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|        .',ー-- ●       ヽ、
─────────────────────────━━━━━. `"'ゝ、_          ', ━━━━━━━━━
                                                〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
                                                 `ー´    ヽi`ヽ iノ
                                                          ! /
                                                        r'´、ヽ
                                                        `´ヽノ

105: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:41:58 ID:Xni2Wu.oSa

                       ,、,, ,、,, ,, ,,. _
                    __    ...._,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,. ヽ____
     ,r;―,ヘ __ . -< . ::⌒>‐ (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr).ヽ : : : : ヽ
    ...(|{二し^)ミ. . . : : : : : }.:/ . {.,;'゛ i  ⌒  ⌒ iヽ゛';,.ノ   . : : : ノ
    ...(|{二ニ) 〉}},ニ=- : :.:/⌒ヽ...,;'" ''|..(●)(●)..|゙゛ `';,―‐-、<
    ....ゞー一′  ̄ ̄ ̄¨ 、 /...,;'' "|    .|  ...|゙゛ `';,.¨\∧::}
                    \j .,;''  ヽ __´___ /  ,;'.¨ ヽ/ヽ\
                    \|シ、  ヽ.`ー'´./   リ ¨. : :'⌒\ヽ
                     {ー."r,, `"'''゙´  ,,ミ゛.  ー:{.:  : :ヽ __
              ___       ∨‐-ヘ.リ、    ,リ -  __:|:   . : /¨¨  ミメ  -‐:  、
          ./     \ rl^i、.  ∨、__:';:゛r、ノ,,r".:| ___ . :人: ._:/、      /   : :xヘ\
        ./          :|il 「|   .\‐-\_ ::.、 :|、__.:{.::/::∧\: : . r―rォ=ァ…く : ヽ〉:/
      ./    ヽ_, , ノ | ./ 〉     .`¨¨¨`ー‐rへ∨__l:/.::八:ヽ.::::ーl二(_〉:{{ @}、. : /
       .|    (○)  (○|  }          / rヘ \_ノ彡'./__}.:'⌒:.`r‐(_〉乂ツノ¨
      .\    (__人_ノ   /           .{ ∨ヽ`ニニ彡イ.:⌒´ __.::|  ̄¨¨¨ ̄
      .γ ⌒` ̄ ̄´  /            .l  ∨^ヽフ才..、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人人
      .〈    、 ___/                : `/´ .   )                            (
      .∨      /  /               _ ∨ / :/  ..)         ..ノーワン・リブズ・フォーエバー      (
        〉  _/  /              〈/\/. :/  . ::...)   「――“世に永遠生くる者なし”!」   (
      ./   ーァ   /:\               \/ .: . :/ :.)                            (
      ./   `ー='イ:     \              ′ .:/  . :.⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y Y
     ./    / `\     \          ./  /7  . : : /:>ヘニ/
   ./    /    `ン    !      .,.イ:(^^)/ . : : : :/   `




      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
  (´   ─、,,_  入_____ク                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  }         \_/   /   ___
  {   ─、,_   !   、!  /     \                  「今まさに閉じようとしている日常の穴!
  ヽ      ヽ/  /(/   \ , , /\
   ヽ ¬─-ー"  /   ノ   (●)  (●) \              永遠に続く日常と化した魔王城への道を開き、
    ゝ、_     _L  / ヽ     (__人__)   |
      `゛ー<  /    ヽ    |r┬-|  ,/            やる夫たち非日常が立ち入る隙を作り出せ!」
          ∨       ヘ  `ー'´  r'.二ヽ、
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、   ....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ

106: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:42:13 ID:Xni2Wu.oSa

                      (__.   \   l三L  .r|    iゞ   .!  ./  ./ i′    ._)
                 ../    .\  .!三l /│  ./    │ ./   ./ /       ._)
      ├  ―ァ        廴      .ヽ.,!三三三} ,i、/     l‐l゙  ,ノン゛     そ         ┼__    〟
    ⊂ト ‘ー'        >       .l゙三三三| / . l′   ./ .! シ´        ._)          .| 、__ ノ 土
     オ   r┬、      (          /.三三三|/  .l    ,l lン゛      . /.\               イ 寸
    ┃┃  ∨丿         そ      ./三三三三 !、  l   ./ | ."     . /  _そ       ┼┼``〝.゙
     ・ .・     〟        (.、    /三三三三三 l. !!  ./ ;;l゙     .,,./      .ヾ         └‐    つ
        「_| ェェイ_     (⌒.゙''-、__/三三三三三三 ∨} / 三|   .,ン/'゙    .,/;. _)         .工   ___
       |-|´タ年′と    (ヽ三三三三三三三三三三 テ三三| .,..‐゙/  . _..-'"三r'".\        ┃┃   /
        ̄            廴 / ̄ ̄ ̄\.三三三三三三三 !‐"; / ._..-'''´三三/  ...)       ・ .・   `ー
       .日 日  き   く.../―   ―   \. 三三三三三三 l゙‐'´三三三 iiン-‐''゙゙´三...)
        ..| 日 |    ( ̄/ (●)  (●)  \...___,,, ,,,, ,,,,,_..三三三三三三三三三三 ⌒)_
.          ナ,      (`|    (__人__)   ..,r ´    ;   \. 三三三三三三三三三三.)
)        と  r'^⌒ヽ \   ` ⌒´   /   /    /`ヽ  ヽ.三三三二-──--、_ー¬'''".7⌒V^ヘ/⌒^´\√
⌒「l⌒Y^´∨`⌒ヽ!. ,. -  、ノ           /  .// l/  从  γ、....三`'-、 \ ___,゙ゝ、、  _..-'"゛
        rz=γ⌒ヽ  \rf} ィ ̄>、 '´|  l ii     ii | l弋ノ...三三 \,i,二-‐'' ̄ン'"゛
 ̄――--_. Y⌒ Y1  ! z=、}z} `´/:.:.:}ミ、.ヽ乂 ||      || リ´)..v-、三三三三三三三㍉、゙''ー ,,_
          '、__ノ::i  fイ__)==zュ、}__/_/:).l二入____ワ___.,ィ7´彡.. _ `|三三三三o三三三゙!ミ-/  .`\__、
      ._,, -._,.く:::::::::ヘ  `Y: : : : :\─-`Y´.辷彡┘ /{:::u::::} ヽ ゙辷ヨ.三~ 三三三三\ .`゙'''ー-ゝ `'-、、 ‐. ̄ ̄
   _..-''´._./   }!::::{ 入/: : :r--1 }::::: , -─────--_, _}_,.乂.____三三三三三l,_       `゙''''ー- ..
^'''" _ //   /イ::,ノ :} _\: : :1ヘ::::Y<__________/__,.〉/ /=z、.゙'''ー、, `'''ー ..__三三゙'-、
._..-'"  .i   / / / イ::::::::::::i: : :!: : Y-======== z___/ _!/γY.三三三゙ゝ、__二ュ三三ヽ、
     ._.!  i / / ノ__,ノ : :.i : : |:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.::.:.:.!:.:.:.::.:.:. ̄:.!ヽイ/ {!j三三三三,____三三三、三三`'、
__‐''"  i: :: :i { </ ` ─--─一 ┐:i:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. jノ∧ /..三三 |     ̄ !.、 `'''ーxy..ミll― .__
     ..! : :.i、 ソ           `ー──────‐ '´ ̄!__{__ノ..三三三|      .| .!     `'-,,ヽ、
      ー -'     /     ./ /  / ゛  ..l′   .l三三三./ \三三|      .| .|       `'ヽ、
_,,.. -‐''''^゙ ̄ー―┐       ,/'"  /      l,    .ー!'、.;;ノ    `''''、;;.!     │.ヽ            `'-、、
        / /      ,/    ./       .,イ     .! \         ゙' li      ヽr'"'、,
     ,/゛ .`./     /     ./       / .!     .!   ヽ       .ヽ      ヽ  .|'-

107: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:42:24 ID:Xni2Wu.oSa

             _____     _
     /`ヽ   /..:..:..:..:..:..:..:..:.\  /:..:.ヽ /´ ̄:ヽ   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    /::..:.:..:..ヽ  l:.:.:::/ ̄ ̄ ̄\..:..:..::..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:.i
   く:..:..::l:..:..:....:. / / \ , ,, / \ヽ.:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..l   ....「閉じかけていたワームホール――完成しかけていた
   \:.:l:..:..:..:..:..:/   (●)  (●) \.:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..::.::.:ヽ、
     ヽl:..:..:..:.:.:.|      (__人__)    |、:..:..:.i:..:..:..:._: - ¨ ̄   .日常の、小さな穴をこじ開けてやってきたお!
      l:..:i,,:..:...:.\     `⌒´    /::.::V:..:..:../
       V..''.:..;..:.ノ_三ニ‐'゛ー ′ -‐ヾ:..}}:.ァ',ィ            さあ死ぬ覚悟をしろ、自称過去のやる夫!」
       \::.!(      , '    )ノ-:':/
          `ヾ:.`;ー‐‐‐'゛ '---ー;'"ィ_ー'            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            |         |:_:>



                ,  -───- 、
              /: : : : : : : : : : : : : .\
         ト、   /: : ,.   -──- 、: : : : \
         ゝ V( ))/         `ヽ: : : : \
      / 〃 Y^y'´           )  `ヽ: : : :〉
      フ {{ / /    /      人    \/
     イ   ヽノノ    /   / //  ヽ     ヽ  .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /  / 〃 /    /  / /     ヽ\     !                                  ちから
      |/   〃 {   >‐メ、    -‐ < リ ヽ  !     .「魔王は殺す……! たとえお前の持つ世界観が
     ヽ     Vハ  /  ィ.:.:下      不::.ヽ }  ハ|
      )   /Vヽ \ ヒ.::::ソ     ヒ.::::ソ ノ イ      .どれだけ平和で、日常と安寧を欲するものでも、
     ノ | /   ( \| ,,,,,,..    '   ..,,, /イノノ ‐‐┐
       |/     ) ヘ     _        r イ __    }  ..お前が魔王であるなら一切の容赦なく一度は殺す……!」
         /´  ̄ `ヽ >      `   . イ,. '´    〈
         (       \  > = < ノノ    ,.  ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ヽ``ヽ     )VTT´  ̄ ̄`L ,.  '´ -=<  __
       r── ミミヽ ,. ィ イ77´  ̄`7 //´ ̄`ヽ´ ̄ ̄`ヽノ
       }       ノ  レイ ハ ´ ̄`   l l     '.    (
       r── ミミヽ//// |       l V    }ミヽ __ ノ
          フ /  く ///レ'      `Y´     `ヽ\

108: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:42:38 ID:Xni2Wu.oSa


      ____                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /―  ―\
   / ●   ●  \                      「正気ではないお」
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   /⌒l        ィ’                         過去のやる夫はぽつりと言った。
   /  /        ヽ
   |  l      Y  |                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

         ,イ
       //!
.      /./.|        ,.ィ ,.ィ             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      /.∧|     ./| / // .l  ,
.     ,' / /    ./ ′ ´  レ'/             .その感想はさほど間違ってはいない。
.      l. ! ,'      ,'   r',ニヽ   /_,
     |│l.      l  / ゞ-' ヽ、'∠_             魔王を倒すには、魔王城を出たところを狙った暗殺が常道。
      | |│    {二_-ァァァ‐-、ゴ´
.    |_|_l.     / ⌒   ⌒ \              .実際、勇者庁がこの年発行した勇者白書によれば、
   , ┴-!、  /   (●)  (●)  \
  〃r'ニ0=!.. |      __´___     |. -- 、        .城外での勇者対魔王の戦績はかろうじて6:4であるのに対し、
  !| { ニ}i |`.\      `ー'´    /.' ⌒ヾ 、
  ヽ.゙エエー<_    \ニニ二二ニクー// i0} _ i l     .城内での戦績は2:8という目を覆うようなスコアがついている。
.     `¨´  `フーtノ ヽニゝ`<ニ´イV  ノノr'゚」 l |
.      , ',イ゙/`T     `ヽ\ |⊥//(にヽ |.|  ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.      // /゙,'  r。ニfi┴r=t‐ゝ」  |.l !に_}l l
    //  / i.  L.⊥! ̄`¨ ̄ハTiヾ〔`T┐i !
. /∠_   |  l. / ヽ __-‐'/ │! 、`0} `゚//
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

109: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:42:52 ID:Xni2Wu.oSa


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

\               ¦         /
  \             ¦        /          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /   _/   .本来は、魔王城の――それも玉座に構えた魔王に
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ  /     \
     \ / く  l   ヽ._.ノ   ', ゝ \     <   .勝負を挑むなど、余程の身の程知らずか
     / /⌒  リ   `ー'′   ' ⌒\ \   /
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|    あるいは血に飢えた愚か者の所業に他ならない――。
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          ./ ̄ ̄\                     「真紅ママ相手にうまくいったから、
          ./      \
        | _  、_. |                        次もうまくいくと思ったのかお? 無理だお。
          .| ヽ・〉 〈・ノ .│
          .|    ▼     | ~^`' ‐- .,__              この過去のやる夫の城では、勇者の敗北という
          .| ヽ_人_ / .|         `ぃ.,_
         .ヽ.. .⌒⌒  /.     ___. .~^`' ‐- .,__  ..世界の日常を覆すことはできない――」
         { ヽ       /.     /―  ―\. :. :. :. :. : .~
        ..{i; ハ`'ー…ォァ犲   / ●   ● \. :. ; ノ:...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
._____ャ==.、_        .|⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|. .r'⌒  : . :. :. :. :. :.ヽ
.三三三三ニ(8==-′       \        /..,ノ'′    :. :. :. :. :. : :,
   ..^ソ~ヾ                 (  ~⌒γ⌒ ) ;j}      : . : . : :. :. :.ハ
  ...〃  ー‐-ミ     .j彡'~^~..~Y.λ `ー'^ー'i..,:i:j{      : . : . : :. :. ;jト、
  ...i;   : .   ⌒j㌻"    ...,ノ 〈      ノ.冖ソ  .,_    :._;. :. :. : .'" ノ 丶,_
  ...丶 .,_ : . __ア´       ,..'゙j狄j.j   厂 {.‐ '′ __j「: . ?ァ≦--‐ァ~`メャ'    ~^
       ..``' ‐{_ノ ,   ノt,. '.'゙….(_ 人_ヽ    `Yー┷'⌒¨'ー'‐ゝ'“⌒`'  .,_
           `i_ノ /ノ'′      .~¨¨`゙''“¬‐‐‐…'′
              ~¨´

110: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:43:06 ID:Xni2Wu.oSa

                                         / ̄ ̄\
                                   /      \                       /^l  r i /ニヽ
                                    | ..人  、人.  |                      / /   ! i | |.| |
                                      -=´〈〉`=´〈〉 `=-                       / /   | .| | U |
                                   |. ` Y´▼`Y´ .| ~^`' ‐- .,__             ./ ./   | .| `ー'
                                   | ヽ_人_ / |.         `ぃ.,_          / /    .| |
              ,.---、                     ヽ.. .⌒⌒  /.     ___. .~^`' ‐- .,__.//       J
       マー ´ ̄`)::::::ノ、                        { ヽ       /.     /―  ―\. :. :. :. :. : .~"丶
      .,.ィ. ー-r { }っ ,r.、j                       {i; ハ`'ー…ォァ´.    / ー   ー \. :. ; ノ:. : .  r-- ―-、
      {/{! ィiミ ( Y ) /ィュ{_rァ___________ャ==.、_          |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|. .r'⌒  : ..~.= フ /...
        .ゞィ;.,ィ´r'  ̄ ̄ ̄,-、-ァ三三三三_rrnn三三三三ニ(8==-′      ..\        /..,ノ'′    :..,' /ー":. : :,
        ./ {i__,,.. -=7 ノ¨´  ,,..  -―¨¨´  ....^ソ~ヾ                (  ~⌒γ⌒ ) ;j}      :.レ.: . : :. :. :.ハ
  . , -= 、   ゞ=≦:ヽン' / `゙¨¨´          〃  ー‐-ミ     .j彡'~^~^~Y.λ `ー'^ー'i..,:i:j{   (二ニ.: . : . : :. :. ;jト、
.  j    ヽ  〕 ヽ..__/                  i;   : .   ⌒j㌻"      ,ノ 〈      ノ.冖ソ  .,_.__,,、 -‐ ニ.. :. : .'" ノ 丶,
. (,. --- .、 ヾ;リ:j:;::ヾ=イィ{_                  丶 .,_ : . __ア´       ,. '゙j狄j.j   厂 {.‐ '′.(二~ -― ''".-‐ァ~`メャ'
  . ゝ / ,.'⌒Y `ヽ  {¨::::::::::ヽ                   ``' ‐{_ノ ,   ノt,. '''゙….(_ 人_ヽ     ○.ー┷'⌒¨'ー'‐ゝ'“⌒`'
.   `つ /    !   ヽ j::::::;、::::::::ヽ                    `i_ノ /ノ'′        ~¨¨`゙''“¬‐‐..O.'′
      '⌒ヾ、J  、 __ソ ''´ `ヽ::::::::'.,                   ~¨´                      0
      /::::::::T___}         ヽ/,'ハ
      ./:::::::::/)}             ヾマハ
     .,:::::::::/ィ_j             マ;ム
     .“ー- "´                ノ_}

111: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:43:24 ID:Xni2Wu.oSa




          -‐……‐-ミ                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /             \
.     /  /           `ヽ                 次の瞬間、巴マミはわが目を疑った。
   .'  /  . / / / /ヽヽ  ‘,
    i rz{   !.i/l/l/   }ハ i }              確かに引き金を引き、火薬が爆ぜる音も聞いた。
.   ‘,(:::',  i l  ┃     ┃ j/ /
.   {二ミ\トヽ     ワ   ノイ               過去のやる夫の頭は、なぜ吹き飛んでいないのだ――?
   {ニミソ` `≧=‐- -‐=≦ニミ}
.   `ソ  /  {f⌒()⌒i}ヽ`ソ               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ,ィ≦≧ 、
             仁.,. - ハ                 「いい腕といい銃だお。当たれば間違いなく死んでいた……」
        ,. ⌒/ 丿.Ⅳ
     _,.  '´  /  />'"                 その手に握られていたのは、間違いなくマミの放った銃弾だった。
     |  _,. ‐'´  ,.イ
     |  | /  / ,r'─、                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |  ノ'  / '´   /  ̄}       .____
.     j    /    /   j、   .../―  ―\
    /            ハ〉、../ ●   ●  \
    、               {`ヽ}}. |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
.     `¨⌒丶、_         ノj  >           ィ’

112: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:43:37 ID:Xni2Wu.oSa


          ./ ̄ ̄\                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ./      \
        | ..人  、人. |                       「だが残念だったな、本国における殺人事件の発生割合は
          -=´〈〉`=´〈〉 `=-
          .|. ` Y´▼`Y´ .| ~^`' ‐- .,__              0.3%、そのうち銃が凶器である割合は15%……。
          .| ヽ_人_ / |.         `ぃ.,_
         .ヽ.. .⌒⌒  /.     ___. .~^`' ‐- .   .そんな低確率の非日常など、“世に永遠に生くる者なし”の
         { ヽ       /.     /―  ―\. :. :. :. :.     のうりょく
        .{i; ハ`'ー…ォァ´.    / ●   ● \. :. ; ノ    世 界 観が未然に防いでしまうのだ……」
         {ル             |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|. .r'⌒
      /               \        /..,ノ'′ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   .^ソ~ヾ                (  ~⌒γ⌒ ) ;j}      : . : . : :. :. :.ハ
  . 〃  ー‐-ミ     .j彡'~^~^~Y.λ `ー'^ー'i..,:i:j{      : . : . : :. :. ;jト、
  . i;   : .   ⌒j㌻"      ,ノ 〈      ノ.冖ソ  .,_    :._;. :. :. : .'" ノ 丶,_
  . 丶 .,_ : . __ア´       ,. '゙j狄j.j   厂 {.‐ '′ __j「: . ?ァ≦--‐ァ~`メャ'    ~^




                                                    /^l  r i /ニヽ
         /^l  r i /ニヽ                                  / /   ! i .| |.| |
          / /   ! i | |.| |                                   / /   | .| | U |
        / /   | .| | U |                                / ./   | .| `ー'
       / ./   | .| `ー'                             / ./    .| |
        / /    .| |                                       / /     | |
     //       J               -‐……‐-ミ              //      J
      "                 /             \            .."
       r-- ―-、         /  /           `ヽ               r-- ―-、
       ~.= フ /         .'  /  . / / / /ヽヽ  ‘,            .~.= フ /
       ,' /ー"           .i rz{   !.i/l/l/   }ハ i }         ┏━━━━━━━━━━━┓
       レ            ‘,(:::',  i l  ┃     ┃ j/ /          、__人_人_人_人_人_人.人
               ,, - ''"...{二ミ\トヽ     ワ   ノイ 、            ) 「なんて邪悪な!」  (
   (二ニ      , -'' _ -‐  ..{ニミソ` `≧=‐- -‐=≦ニミ}. .\          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.Y
    __,,、 -‐ ニ ./`<.      |    '、__/「||_ _.|_     ヽ   (二.┗━━━━━━━━━━━┛
 (二~ -― ''" /    \    |  ,-r"r= ( (●)三 _ ニ  =  `',    __,,、 -‐ ニ
        /       '、   |_/ `|-{ {  r-r'  ̄ \|    |    (二~ -― ''"
  ○    i        ',     f"ー-= | l   __   | /   ',
       .|         i     !-‐~ ̄l ノノメ.| ̄    ̄|. レ     ',
 O       |           |    /´ ―= '‐'―く.|       |. |   ○ /
        |         |   /   ―---‐r" |       ! |    /
0       .|  _,, -――- ,,_|  /    ―---r'  ヽ    .ノ !   O.|
       <_|       | /     ,,-ー''    \_ /  ,'-‐'  |
         |     ,, -'"     /            /   0  .|

113: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:44:14 ID:Xni2Wu.oSa



                               _  _人/
. \人_. _                   _,,,.. -ニニ=‐"゙゙¨¨..`Y.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
..,. ̄`Y´.¨¨゙¬r-ニ;;;- .___   _,, -'''二-‐'''"´
            /―  ―\...,,,.‐'″                     銃弾は、もはや物理的にあり得ない
          / ●   ● \.`゙''ー 、、
         ._..-'.|⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|. `゙''-、,,.`''-、、               軌道を描きながら過去のやる夫を避けてゆく。
    ...._/´ . ,...\        /      `''ー..,,.`'ー..,、
.   _/゛ . /.... ..(  ~⌒γ⌒ )         `''-、. `''-、、     .何発撃っても同じ、当たる気配さえない。
..,,-'´  . /    ....λ `ー'^ー'i.              `''-、 .`'‐、
    ,/         〈      ノ                  `'-、.. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
..,/            ..j   厂 {                     \  `''-、
            (_ 人_ヽ                   \     \
                                         \    `'-、
                                           \     \
                                               \     .\
                                                 ヽ      \



              _
           _r一':::::::`:ー-、
         f´:::::::::::::::::::::::::::{:ヽ __    ,、
           ノ:::::/  ̄'´ ̄ ̄`く\:::`ヽ〃》
          {::::::/  l         く::::ヽ、:::}≦、
         〈::::::|l l !  l     ヽL:::::||:::ヽ=く
           !::::|N|、|、  |\l、  __|_l〉::||:::::〈  ヽ      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           `ー|!ィf心\! ,.≦ミ、|/〉:@::ノ                                       ちから
         ,.-j{弋zリ  ´トrリ} }| ヽリノ!_〉            「ダメよ巴マミ……! 魔王城の中では魔王の世界観に
         / /{ v ー __  弋zソ /'_,.イ } {ヽ
       /   | 丶、 {  \  ̄z ´ノ__!ノ   ス            逆らうことはできない……! ならば取るべき手段は二つ、
        |      ` トァ=='rァ==く 〈_j   〈__}
               /{ ニ@二 }ヾ|    ,ハ            その力を利用するか、揚げ足を取るかのどちらか……!」
            〈/:ヽイ |\__'j:l:::〉   〈_ノ
            〈/__|_ハ_!」_|:_!    〈_}          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            /:|:::::イ::::::::f:::::;ノ:\  / }
              /::::{_::::j:!:/l::::::|:!:::::::ヽ〈ィ′
          /::::::::「¨l::::/L:ノ:l:::::::::::ト、|
            /::::::/:::`"::::::::〈ノ::/:::::::::::::!

114: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:44:28 ID:Xni2Wu.oSa

                  / ̄ ̄\
                  /      \
                   | ..人  、人.  |
      ____  .. -=´〈〉`=´〈〉 `=-
     /―  ―\   |. ` Y´▼`Y´ .|       ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
   / ●   ●  \ | ヽ_人_ / |
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |. ヽ.. .⌒⌒  /.        .「ママはちょっと黙ってるお」
   /⌒l        ィ’ { ヽ       /.
   /  /        ヽ   .`'ー…ォァ´        .┗━━━━━━━━━━━━━━┛
   |  l      Y  |


          ,r‐'⌒^ーォ
        .ィ"::::::::::::::::::{
       /:.{:.---- <
    「ミrf:.:.:.:.j'    、   ヽ
    .}:.:.!;!:.:.:.:i ィ i   lヽ  }
    .ハ:.キ:.:.:.ノハi!从 人ハノ       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   | |`薔〈   ┃ ┃ |
   | | ゞヘ !:::::     :::::〉          .「ちょっと黙っているべきだったかもしれないのだわ」
   | l  >!\ー―一rf′
   | | /:.:.:.:.f三@ニトラ!        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   | | ム:_:_:_ヾ/:lシri :!
   | | _l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:ヽ!


       ____
      /一  ー\
    / 〓   〓   \
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    /⌒l       ィ’
   /  /        ヽ
    |  l      Y  |

115: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:44:42 ID:Xni2Wu.oSa




                             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ____
         /⌒  ⌒\               「……そういう訳だお、現在のやる夫と巴マミ!
  〃   / ●   ●  \   ミ
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i            お前たちのような血に飢えた獣を生かして帰すほど
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从 バンバン      .過去のやる夫は寛容ではないお!」
    ( ⌒ )        ( ⌒ )
                             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








                                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          -‐……‐-ミ                         「そう、貴様ら血に飢えた勇者が! 死と破滅を運ぶ
     /             \
.     /  /           `ヽ        ___     愚か者の魔王が! やる夫の作った日常を侵すなど
   .'  /  . / / / /ヽヽ  ‘,     ./      \
    i rz{   !.i/l/l/   }ハ i }    ./―   ―   .   .死をもって償うべき重罪に他ならないんだお!」
.   ‘,(:::',  i l  ┃     ┃ j/ /   /(● ) (● )
.   {二ミ\トヽ     ワ   ノイ   |   (__人__)    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   {ニミソ` `≧=‐- -‐=≦ニミ}     \   `⌒ ´     /
.   `ソ  /  {f⌒()⌒i}ヽ`ソ      ./        .r-   \
                                  ヽ ` ー- __
                                    `ー- .._   ニ ‐- 、
                                      , '"       \
                                 {/        \.
                                       ヽ'/        丶、
                                   ヽ. _´\

116: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:45:17 ID:Xni2Wu.oSa

          -‐……‐-ミ
     /             \
.     /  /           `ヽ        ___
   .'  /  . / / / /ヽヽ  ‘,     ./      \
    i rz{   !.i/l/l/   }ハ i }    ./―   ―   \      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.   ‘,(:::',  i l  ┃     ┃ j/ /   /(● ) (● )   ヽ
.   {二ミ\トヽ     ワ   ノイ   |   (__人__)        |        「――ただし巴マミ! お前だけは殺さず、
   {ニミソ` `≧=‐- -‐=≦ニミ}     \   `⌒ ´     /
.   `ソ  /  {f⌒()⌒i}ヽ`ソ.. .r-. ./             \        .事と次第によっては幼少のやる夫が
                    ヽ ` ー- __
                      `ー- .._   ニ ‐- 、            作った平穏に入ってくることを許可するお!」
                        , '"       \
                         {/        \       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                         ヽ'/        丶、
                           ヽ. _´\




          ./ ̄ ̄\
          ./      \
        | _  、_. |
          .| ヽ・〉 〈・ノ .│                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          .|    ▼     | ~^`' ‐- .,__
          .| ヽ_人_ / .|         `ぃ.,_               「真紅ママがダメだった時、お前がスペアとして
         .ヽ.. .⌒⌒  /.     ___. .~^`' ‐- .,__
         { ヽ       /.     /―  ―\. :. :. :. :. : .~^丶       新たなるママになると誓うならな!」
        .{i; ハ`'ー…ォァ犲   / ●   ● \. :. ; ノ:. : .   `' 、
         {ル             |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|. .r'⌒  : . :. :. :...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /               \        /..,ノ'′    :. :. :. :. :. : :,
   .^ソ~ヾ                (  ~⌒γ⌒ ) ;j}      : . : . : :. :. :.ハ
  . 〃  ー‐-ミ     .j彡'~^~^~Y.λ `ー'^ー'i..,:i:j{      : . : . : :. :. ;jト、
  . i;   : .   ⌒j㌻"      ,ノ 〈      ノ.冖ソ  .,_    :._;. :. :. : .'" ノ 丶,_
  . 丶 .,_ : . __ア´       ,. '゙j狄j.j   厂 {.‐ '′ __j「: . ?ァ≦--‐ァ~`メャ'    ~^
       .``' ‐{_ノ ,   ノt,. '''゙….(_ 人_ヽ    `Yー┷'⌒¨'ー'‐ゝ'“⌒`'  .,_
            `i_ノ /ノ'′        ~¨¨`゙''“¬‐‐‐…'′
              ~¨´

117: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:45:31 ID:Xni2Wu.oSa

           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、      ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      イ| u         |!l lハ ヽ
      /ハ              u.|| .\ ヽ        「あなたの母親は私なのだわ!」
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      `    `iTァv'T爪      //
            |<|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|


                  / ̄ ̄\
                  /      \
                   | ..人  、人.  |
      ____  .. -=´〈〉`=´〈〉 `=-
     /―  ―\   |. ` Y´▼`Y´ .|  .....┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   / ●   ●  \ | ヽ_人_ / |
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |. ヽ.. .⌒⌒  /.      .「事と次第によってはママではないお」
   /⌒l        ィ’ { ヽ       /.
   /  /        ヽ   .`'ー…ォァ´      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   |  l      Y  |


          ,r‐'⌒^ーォ
        .ィ"::::::::::::::::::{
       /:.{:.---- <
    「ミrf:.:.:.:.j'    、   ヽ
    .}:.:.!;!:.:.:.:i ィ i   lヽ  }
    .ハ:.キ:.:.:.ノハi!从 人ハノ       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   | |`薔〈   ┃ ┃ |
   | | ゞヘ !:::::     :::::〉          .「事と次第によっては母親ではないかもしれないのだわ」
   | l  >!\ー―一rf′
   | | /:.:.:.:.f三@ニトラ!        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   | | ム:_:_:_ヾ/:lシri :!
   | | _l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:ヽ!

118: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:46:19 ID:Xni2Wu.oSa



          -‐……‐-ミ
     /             \            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ....../  /           `ヽ
   .'  /  . / / / /ヽヽ  ‘,              「――なんて邪悪な」
    i rz{   !.i/l/l/   }ハ i }
   .‘,(:::',  i l  ┃     ┃ j/ /            少し険しい顔をして、巴マミはそう呟いた。
   .{二ミ\トヽ     ワ   ノイ
   {ニミソ` `≧=‐- -‐=≦ニミ}          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   .`ソ  /  {f⌒()⌒i}ヽ`ソ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                     ( ;;'   )〉
                     _.;ィI。ェァ  ノ }
                     Ч  リ  j ゝ、
                         | .ij|  r:_ノ) )
                         |  |   ヾ「{ソ
                      _i_   il   !.  丨|
                     | | __ノ  。;、__  | | ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     | | ゛《三二三》'' | |
                     ;it|_|ti; 匕ニニ才 .:it|_|ti;..  .無論、彼女には最初から分かっていた事ではある。
   _〟_ _ 、〟._       ゝ...ノ   |'^'|   ゝ...ノ
.〃´-γ´ `-´  ゙丶´`丶、...| |     | |    | |..    魔王とはこういうもの。どれだけ平穏や幸福や日常を願っても、
〈     : : : : : : : : : : : :..  ||   _」 L_   ||..
いゝ  : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : ヒニ二_  _二ニ_」...   それを叶えるための手段に邪悪なものを選ぶもの。
! 弋 : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     〕 〔  .Ⅷ .:
i   \.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: _..≪二≫.._Ⅷ..._.:┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
i.     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 、 ~´           `ヽ::::::/            7
ヘ       <::::::::::::::::::::::::::∠               〆            7
. へ、     ` <.::::::::::::/             ∠           /
   `<      ` <.{: : : : : : : : : : : : : : : 〆                /
     ` <. : : .::::::::::.人:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. イ:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::. : : : . . . .∠
        ` ≦三二∟. 夂二三三二ノイ之二三三三二ニ =<
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

119: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:46:32 ID:Xni2Wu.oSa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
∨    l  `'Λ                         | l         │  │         i′
    .l   ゙'レ    |.l                 リ l             lr'゙} ._.!        .il|
     !    `    从                 l,!            ! .|リ       /!  ./ |
____..!         l l                  リ           ,ト |     l |しイ {
/////ヘ.,   |.l     .! .l                              /  |       !   /
//// !ヘ  ゙l l   .、│ . l                             /   l       l  /
.i/i/   ',____..  廴)  .ヽ                         ./ , 、 .乂! ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
/i/ II iI  ,;;;;;;∧.l  ! ノ⌒i 廴                ノ|       .l./ ,! .|
 ̄i      |;;;;;/ ヘ_! ...l .!.  +.そ               l゙ .l゙       l.l / レi     人の故郷を、笑いながら滅ぼして。
  | ┌┐ | ;.; i ヘ\_BOX ||  ヽ           ! .,!        リ /  ,/
,.,.,| |!+!|. |;.;.;.;_ ', \ ̄ ̄|`i    __   ___   | .l,〃    ....i´| ̄ ̄i_    そして、滅んだ故郷を見て笑うもの。
;.;.;.;  ̄. ..;.;.;.;.;.||| |  ̄|ii ii | | ,,:,,,,, |I|__ト、./   ',  /  て     |...| ii ii|´ II
;,;,;,;,__ ;,;,;,;,;,;iii....| |`i|..  | ii.|,;,;,;,,, ..|I.ノ (. |¨|. ',┌──┐   ./|...| ii ii`i  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
;:;:;:;:;ii || ii |;:;:;:;; ̄ .|  `.|i.、   ,..|;:;:;:;:;.`Y   |..____________ | //// ノ      廴
 ̄`i`i ̄ ̄ ̄i`i ̄ ̄i''/i.,ノ)i| ̄ii ̄i ̄|.|   人 TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT| ̄ii ̄i ̄`i
_二.|..|..二.. ,..|..|二 `Y´( i/ ̄'.  ̄'l.,/    く、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ヽ、  /i_|  ) 、.::: /       }. ̄ ̄ ̄...丿)   ̄ ̄ ̄ ̄`--i:::::..、..
:::::::::.__,ノ )./'__./ (_,ノ).: (::::::::::::::::::::::  \ノ!.::: ;../ (.;;;;;;;;;;;;;.ノ!.;;;;;;;;\ ̄.   ,ノ).:
::::::::.(.  (_,/     (__)    ::::::::::::::::::::::ゝ/  ,).. _-.| \.=  \..`Y´(
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

120: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:47:17 ID:Xni2Wu.oSa

           /
        / /               ヽ
       ./ /           )
       .__j⌒レ、          / !      、
      .{「アヾ, リ   -―ォ-//   l    |   l     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      .ゞ}_ジy′ .|  // //    |`ト、 |!    !
      .{じ{_フr、.  | /z≠メ/      _jハ  j   , |        .だから殺す。巴マミには勝算がある。あの魔王は
      .`⌒八ム  |/ j::r リ    '7ヾュ| /   /| !
      ._ノ ヽ_ヾ \´ ̄     〈:;r:/ マ  // ソ      .非日常を無効化し、日常に置き換える力があるという。
    ....|   ` <ム`ー        ` ^ /ィ´八_
    ..人     ヾ 、  r-  、_   /j 彡 ⌒{     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     .{三≧ュ、    Y>   ´ _ ≦jイ ‐≦ ̄ヽ
      ._  ̄二) 、 人___≧¨」ュ  (    __{
      .ノ   ̄ミヽィ´    }|!{ 人_ ヽr⌒ヽ__      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ......__ケ≧ヽ   〉_ェ=ニニ「 j`ミー _`7      ア
.   /    _う、_/ニニニ≦L}≧-ニニ7 } ̄> 、 {         ……つまり、日常的な暴力を止める力はないのだ。
  /  r≦´ ̄ |l! マニニニイ_介トニニニ{ |lト(、_ l ̄
  {  マ(´   !|! マ彡´ ノ7|lト.ムヾニ7 |l|  `) ヾ      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  . !   `ー'   i|!    ヾ/ !| マム `´ |l| ゝ=彡´|
  ハ         i|!        jl|        |l|     ハ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
         ,. ― 、                 、__人_人_人_人_人_人.人
        `t‐_‐イ             ,. ― 、.  ).  なんて邪悪な!  (
         WWj      ___     `t‐_‐イ.  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.Y
          _rニL _  /   ヽ    WWj
         / 、____l  | ヽ---イ  r‐ ' ̄`ー 、           .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          | | ', |_| ヽノ人ヽン ハ ー ―' l |__
         H  l \\/|、_,|ヽ く__l   !  |__|    )        .――“家庭内暴力”だ。過去のやる夫のママになると
         | |ー┴―'|ヽヽ-、 | |丁| |   l   | | ̄ ̄ ̄ ̄ \
         V      | / ̄  lノ`| | |―┴ーリ              申し出て、その瞬間に家庭内暴力を宣言し殺す。
         |  l  lノ、__   _|__,|_U|    |_\______
        |   |   |ヽく_|_-_|_〉rュ | | !rュ    ``丶、―   銃殺が非日常なら、素手で息の根を止めればよい。
         /|,  !l.  |  | | |  l   |  |  |       __|_
          |_|  l l  |―| | |ー┴―|   |  |‐、、――イ'  |. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          | |  | |  |―| | |ー――|   |  |  い―‐┴―┴‐┴―‐┴― 、
       ヽ|_|_|_|_|-'|-'|____|   |  | ノ ノ___________ノ
         {____l |_}__ノ | |     |__|_|ニイ       ヽニニノ
                ̄   ̄ ̄     └‐┴┘
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

121: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:47:30 ID:Xni2Wu.oSa

           /. : : : : : . . . ..: . . . . 人  、        ヽ
        /: /. : : : :   . :/. . . /./  ',  i  l    i
          .,': /. : : : : : . : /. .//./    , ト  l     i l: i
         , :i. : : : : : :/:/l: ./ i: i     i: l ヽ l.     i l: |
         l:ll: : : : /://_l_/  i i     i |  i: l:.   i::.∧
         l:|.i: : : :l:/リ |/ ̄` l/    -‐リ ̄i }:|::   i::|l l|
          .l| ', : : |' ィぅテ=ニ、        ,ニァz、 リ |::  /ヘ-rヽ
          ` {'., : | 弋 l;;j }         { f;;jcヾ l:   イ{_{ ,}ソ
    _ ノ `ーヽ\| ー‐´        辷ノ  l: /:) }/ll }}
  ......l : :\\,.. )l         、          |/:丿/、∧イ\r 、
    \: : :\< >            , - 、 ノーイ  ',:ヘ >´.  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ..r. ニ\: : : :\\ヽ>     ̄   (ー-‐ )      // /
  ..}: : ー= \: :, ー‐ -  // l> - ― .>ー- /ー - = <:   //   .温かい日常、穏やかな日常にばかり目が向いて
  ..l : : : : :`: ノ. : : : : : :// | \ ,,.. - ‐/  /l / ヽ ヽ::..  /ニイ
   `,>-. ´: : : : :_. // |\ ||   /  / /  /  ヽ/ /    .そうでない家庭にまで気が回らなかった――
.   ,. l: : : : : : : : (    `< ̄ Y.||_ /   /  /' _  ヽ<:::::/
.  //l \: : : : :l\    `、 /.:::ノ    /  / (/  ヽ_ Y  イ.   それが貴様の敗因だと、巴マミはそこまで考えて。
. {{ /´ 、 \  /: ヽ\    ̄     ゝ- ' /  / : `.ソ´
 /. : . :`ー   /: : :|l:::::..\            /  /l_:  |   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.. .: . : . : . /ー{: : : :  ̄ ̄ 〉       / /  / /   }s l      イ
.  : . : ./   ', : :    /;;丶        i ヽ イ /  /|s  l
. .: ./     ヽ : : : : : \;| .ゝー 、     /  / |s  |
 /         \: : : : :`: : : . ', \   (  , イ/  /s   }
             l: : : : : : : : : .ヽ、 \ーニ /__/s  /
               .|: : : : : : : : : : :\ヽ _ ,.> ´ || : : : . /



               ____
             /      \                        ┏━━━━━━━━┓
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \                       「――違うお」
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/                       ┗━━━━━━━━┛
          /     ー‐    \

.

122: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:47:55 ID:Xni2Wu.oSa

     ./ .,,- , "´ ヽ            ヽ
    ./ /〆    丶ヽ      ,   ヽ
    / //{i{        ゙,;.  .,=、;'     '.
  / | .:;'  {l i .,  :.、    ,,=、{{,..、}},,-、   |
  / { ::| `T¨|. | ::}   {{::::`r  "~; }}   !
  { 弋:! ィx、 ゝヽ::|  }  .リ=_゙, ` ,χ...:::::::;
   _.乂 fリ}ヾ ヽ、j  ., /、{{:::ー人゙,-' '――、                 ┏━━━━━━━━━┓
   l   ゙ソ   ,' ./ ./r i ゝィ/ .,-‐" ̄__{_
    !  '' ゙   / /,ノ::::ソ}/     _..-―.ッ゙                    「やる夫さん?」
    ゙、r‐、  ./ィ‐'" fー::"{   < ̄ー,=二..
    ヽ.ー'    ...::::::::::::::::ゝ、ィ:::::: ̄/  ,-゙、                 ┗━━━━━━━━━┛
      ー――-、:::::::::::::::::::;;;f-!- /   /彡
          ノ、::;;;_::-‐''"  |. {/   /廴__....=‐ 、
        ._. f"~ ̄ ,. - _,,''" ̄ヽ廴/:::::::::::::::::::::::゙i '.
      /.;ヽノ,...、´ ,,,'''     ゙、 ̄ ̄ ̄`  ヽ::}  }
      /.;.;.;.;.}".;.;.;'〃/      丶      、...ノ_.ソ
     ./.;.;.;.|!`.;.;.;.;.ソ/          \.      ̄




                                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ____
   /      \                          「やる夫には、自分の過去がわからない。
  ─   ─    \
 (●)  ( ●)      \                         きっと過去のやる夫の言うとおり、自分の力で
 | (_人__)        |
  \` ⌒´       /                     自分の過去を切り離したんだろう……」
   / ー‐       ヽ
  /            `                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

123: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:48:09 ID:Xni2Wu.oSa


               ____
              /    \
              /  _ノ   ヽ_ \         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            /   (●)  (●)  \
             |   u (__人__)     |            .「今となっては、自分がどうして日常を
            \     `⌒´    ,/
              /         イ`i             .求めていたのか、そんな事さえ分からない……。
           {            }
             j{     l  l     } ̄ Y          けどそんな現在のやる夫でもわかる。これは違う」
         人.i     l  l    i    }
        /  :l     i  i    l   /     ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       /     -}─ヽ {_. _} ッ─- ―<_
       {__(i_i _i_ト__).(__イ_i_ i_i)   )




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


            ,r‐'⌒^ーォ                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ィ"::::::::::::::::::{
         /:.{:.---- <                    「もしも、やる夫が魔王になるほど日常を欲しがったとしても。
      「ミrf:.:.:.:.j'    、   ヽ
      .}:.:.!;!:.:.:.:i ィ i   lヽ  }                こんな日常を、やる夫の欲しがったはずがないんだお」
      .ハ:.キ:.:.:.ノハi!从 人ハノ
     | |`薔〈         |                .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     | | ゞヘ !:::::     :::::〉                  |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
     | l  >!\ー―一rf′             ./⌒l        ィ’
     | | /:.:.:.:.f三@ニトラ.〔 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}コ==z..        ヽ
     | | ム:_:_:_ヾ/:l.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .Y  |
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

124: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:48:21 ID:Xni2Wu.oSa

      ___                          ┏━━━━━━━━━━┓
   ¶ /―  ―\
.  /〔|  ●   ● \                            「……どうして?」
  〔γ ヽ ⊃ (_,、_,) ⊂|
  〈  イ\      ィ’                         ┗━━━━━━━━━━┛
   乂_ノ、 》  ( ,、_ )





        ____                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       /    \
.    /          \                     「だって、見ていて苦しいんだお。
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |                    訳も分からず、とても苦しい……」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 /´             ヽ

125: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:48:33 ID:Xni2Wu.oSa


               ____
              /    \
              /  _ノ   ヽ_ \
            /   (●)  (●)  \           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             |   u (__人__)     |
            \     `⌒´    ,/               「現在のやる夫には、もう理由は分からない。
              /         イ`i
           {            }              けれどこんな風に力ずくで従わせている誰かを見ると、
             j{     l  l     } ̄ Y
         人.i     l  l    i    }             .胸の奥が締め付けられるような感じになるんだお」
        /  :l     i  i    l   /
       /     -}─ヽ {_. _} ッ─- ―<_         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       {__(i_i _i_ト__).(__イ_i_ i_i)   )






                   / ̄ ̄\
                   /      \
                    | ..人  、人.  |
       ____  .. -=´〈〉`=´〈〉 `=-           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      /―  ―\   |. ` Y´▼`Y´ .|
    /  ●   ● \ | ヽ_人_ / |            「なあ、お前は苦しくないのか、過去のやる夫。
    | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|. ヽ.. .⌒⌒  /.
    /⌒l        ィ’ { ヽ       /.               やる夫とお前は現在と過去、ひと連なりのはずなのに。
    /  /        .r-.ヽ   .`'ー…ォァ´
    |  l        ヽ ` ー- __                    こんな胸の苦しい日々で暮らして、お前は嬉しいのか?」
  ... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ー- .._   ニ ‐- 、
                 , '"       \         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  {/        \
                  ヽ'/        丶、
                    ヽ. _´\

126: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:48:48 ID:Xni2Wu.oSa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
  |‐  ―\             /ノ(    \                                 '⌒ヽ  |     | ̄ヽ
  |:::::::::::::::::::::\              | ⌒..「   へ..|                                    |   | .|     |   }
  |⊃ (_,、_,) ⊂|   \\\    |  ..(●)(●).|                                    ヽ___ノ ..|__ l_,ノ
  |_      ィ’      /\  |      |  .|
 { ヾ---- '  |        .(.  ヽ\|   ....__ ___ ノ
 ゝ_,__ ノ          \ ヽヘヽ   .`ー'´. }
  | /                (   ソ       ノ ⌒)
  |'                 ` イ          /
  |                     |   / ̄ ̄\../
  |                _| /      \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ../ ̄\/ |. .| _  、_. |
      \ \\ /   / /  | ヽ・〉 〈・ノ .│   /}}
           (_/ ̄\| /    |    ▼     |.   / /    ___
            /     /    / | ヽ_人_ / .|  /、 /.  / .ノ
          (___へ   {     /.  ヽ.. .⌒⌒  /.. ./ 厶- ´ /
           \___//. { ヽ       /.|  /     /                ____
                 / ヽ  `'ー…ォァ.r一'´. ー 、   ̄ ̄ ̄)       /―  ―\
                 \  ヽーーヽー.`ー――. 、__ .〈 ̄ ̄      ./ ●   ●  \
                   ーーJJJJ            \ \         .|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
─────────────────────────━━━━━━. /⌒l        ィ’...━━━━━━━━━━
                                                /  /        ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
  |             \\\    / ヽ  ノ \                          l\ │ 「 ̄  .l /l   / . ||
  |                  /\ /   ::::::::::::::::::::::\                            |  \| |─  |/ │ /   ||
  |                (.  ヽ\ .⊃ (_,、_,) ⊂|                         |    | l___ . |   |/  . ○○
  |                 \ ヽヘヽ    ⌒  ィ’
  |                  (   ソ        ノ ⌒)
  |                   ` イ          .__
  |                     |        ./r': : :└、
  |                _|  ....., ./ r┘: : : : : :乙
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ../ ̄\/ |r‐z- イ(  ' { ' ̄ ヽ 、: : 〕
      \ \\ /   / / に/r'/ // イ」 川 ト、ヾ./}}.
           (_/ ̄\| /    |i 〈  l::|' ノ_lトリレヽノソ../ /    ___
            /     /     li | ヽ l::||.K◯   ○ ||./、 /.  / .ノ
          (___へ   {     / li | .(6l||ぃ ,-┐ ノ../ 厶- ´ /
           \___/. |i.,!  ヽ|トゝ、ニ.イ. /     /.            ____
                 / ヽ     `ーr一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)       ./―  ―\
                 \  ヽーーヽー.`ー――. 、__ .〈 ̄ ̄      ./ ○   ○  \
                   ーーJJJJ            \ \         .|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
─────────────────────────━━━━━━. /⌒l        ィ’...━━━━━━━━━━
                                                /  /        ヽ

.

127: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:49:02 ID:Xni2Wu.oSa




      ____                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /―  ―\
   / ○   ○  \                         「……でも、仕方がねえんだお。
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   /⌒l        ィ’                      やる夫は、ずっと幸せになりたかった」
   /  /        ヽ
   |  l      Y  |                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      ./  .う  か  な  つ  家  世ち  し
     ./     だ  .わ  ん  く   族   界か  .か
     {     ね   い  て   る  を  .観ら  し       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          .゚   そ    `         .で     .`
     \ . ‐─‐-           __        /       「けど、やる夫を受け入れてくれる日常も幸福も
      / , ⌒Y⌒ヽ ` .    ,  ´     `  __  /
    , ' , ィ  ・|・  }    ヽ__/_____   \j/           .いくら探してもどこにもなかった……。だから自分で、
  / メ 、 `ー● ー '` .   ', |/⌒ヽ ⌒ヽヽ\  }
  ┼'┼-`   l  -──ヽ.  }(|   ・|・  }__| /              自分の力で、力ずくで作るしかなかったんだお……」
  l' -ヽ─  l   ──‐ァ }  lY ーrく ー '   ⌒!
  ',  \  |  ──ナ i  八 (__,、__,   _ノ          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   .\   ̄ ̄ ̄ ̄  //  > 、 _ ィく
    ⊂ニニΘニニニつ´     /V⌒ヽ/ヽ
  / /     \   `ヽ   / |    ゝ ハ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

128: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:49:16 ID:Xni2Wu.oSa

    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||                      「仕方がないんだお……。やる夫が幸福になるには
    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||              ||||| ||                      こうするしかなかった……。力ずくで、暴力で、
    ||||| |||  / / ̄ ̄ ̄ヽ   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||                      理不尽でなければ、やる夫は幸福な日常を
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||                      得ることはできなかったんだお。つまり……」
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  |  ̄ ̄| ̄|   ̄| ̄|| | ||                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ||||| |||  |     |  |    |  || | ||                    /⌒  ⌒\
    ||||| |||  |     |  |    |  || | ||                  / ○   ○  \
 ̄ ̄||||| ||| ̄ ̄ ̄ ̄\\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\         |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    ||||| |||        \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄l\\        /⌒l       ィ’
    ||||| |||         \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\    ./  /        ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  l      Y  |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

129: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:49:48 ID:Xni2Wu.oSa

 !   .! .|        │ │      .\  .,i'\、     |     │     ,!       .!     |   .|
 !   .! .|            l_,、.!       ,,.\   . \    .!     !      .!       .|     「   |
 !   .! .|       ,i'"゛ .,/│       .!  .\. " .i‐ \  │    |`'''-..,、  .,!       .!    .!゙''-、、.!
. ″  .,! .!      iン‐'″ !       ,!    \ .__   │    .!  . l `''-.、         !     ! ,..、 ゙''-、
`''-..、 | .,!         !  |          !     .i`''-、 .r l     .l、-. `'-..、 l       |     .l, .l,
   `''、.|        │ │       .!     .|  .、゙'-..ノ     .;.`'‐、、 i .,!         |     ;ヽ .`'-、.′
.,,    ヽ           !  |          !     .|  .!           |    `'‐ノ       !     | .ヽ  .i'
.! .ミ'¬ー‐ ヽ,       !  |          !     .|  .!           |      .!       .|    │  .ヽ,.′
" ` !    _..ゝ      !  |          !     .|  .!         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ̄ ̄ ゙̄´            !  |          !     .|  .!           |
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |  「…………つまり、やる夫は
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!  ._..-、    .!   幸福など願ってはいけなかったんだお」
 !   .! .|        │  ",,,.. - 、   !     .|  .! /_..-′   .,!
 !   .! .|        _..シ‐'"    l    .|     .,!  |           ,!..  その声と共に、魔王城は崩落を始めた――。
 !   .! .|      /´  . / ,./ ./     .,! ____.. .,!           !
 !   .! .|     ./    ゙_..-" ./    .../―  ―\..!         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 !   .! .|     /    /  . /   ..../ ::::::::::::::::::::::  \        .|      .!       .|    │   .|
 !   .! .|    ./  '" _彡'".i      .|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |         |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|    ゙'''''"゙´  i  .|      ./⌒l        ィ’        |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|        │ │   ..../  /        ヽ       |      .!  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―-- ...,,_!
 !   .! .|        │ │   ....|  l      Y  |        .|      .!   l   .'、          `゛

130: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:49:58 ID:Xni2Wu.oSa

              _
           _r一':::::::`:ー-、
         f´:::::::::::::::::::::::::::{:ヽ __    ,、
           ノ:::::/  ̄'´ ̄ ̄`く\:::`ヽ〃》
          {::::::/  l         く::::ヽ、:::}≦、
         〈::::::|l l !  l     ヽL:::::||:::ヽ=く ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           !::::|N|、|、  |\l、  __|_l〉::||:::::〈  ヽ   ..ちから
           `ー|!ィf心\! ,.≦ミ、|/〉:@::ノ      .「世界観が維持できなくなったのだわ――!
         ,.-j{弋zリ  ´トrリ} }| ヽリノ!_〉                                     のうりょく
         / /{ v ー __  弋zソ /'_,.イ } {ヽ   ....過去のやる夫は非日常を抜け出し、日常に帰還する 世 界 観 !
       /   | 丶、 {  \  ̄z ´ノ__!ノ   ス
        |      ` トァ=='rァ==く 〈_j   〈__}     しかし自分の能力では日常に帰還できないと認めてしまい、
               /{ ニ@二 }ヾ|    ,ハ                   ちから
            〈/:ヽイ |\__'j:l:::〉   〈_ノ     .自己矛盾で魔王城ごと世界観が崩壊してしまった――!」
            〈/__|_ハ_!」_|:_!    〈_}
            /:|:::::イ::::::::f:::::;ノ:\  / }.. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              /::::{_::::j:!:/l::::::|:!:::::::ヽ〈ィ′
          /::::::::「¨l::::/L:ノ:l:::::::::::ト、|
            /::::::/:::`"::::::::〈ノ::/:::::::::::::!



                                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.|  ――現在のやる夫は理解する。幸福を願いながら  ..|.─
                                      |                                    |
                    ___            |  願うままに幸福を得られない矛盾。望んだものを  ......|
                   /     \ rl^i、        .|                                    |
                 /          :|il 「|         |  得るためには、望ましくない手段しかない破滅。    .|
               /    ヽ_, , ノ | ./ 〉         |__________  _____________|
                |    (○)  (○|  }                        V , '´l,
               \    (__人_ノ   /                        , -─-'- 、i_
               γ ⌒` ̄ ̄´  /                       __, '´       ヽ、
               〈    、 ___/                    ',ー-- ●       ヽ、
               ∨      /  /                    `"'ゝ、_          ',
                    〉  _/  /                         〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
               /   ーァ   /:\                        `ー´    ヽi`ヽ iノ
               /   `ー='イ:     \                                ! /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━ r'´、ヽ. ━━━━━━━━━
                                                         `´ヽノ.

.

131: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:50:29 ID:Xni2Wu.oSa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                     ,;;----―――――--,,,  、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_.人
                    /              \. ). .“世に永遠に生くる者なし”! この世にやる夫が    (
 , ;                /                      )                                   (
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : :   ). .一人しかいないという日常を破壊し、過去と現在が   (
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ   .)                                   (
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一). .切り離されたやる夫という非日常を生み出せ――!.  (
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /    .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : :.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\:
          . ィー- く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : :  その矛盾に苦しむ心が、この魔王を産んだのだと。
         / :` 、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/, ¨¨¨
       / ,        ヘ、__       彡彡 ´ _ ー  .....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /           . : : : ´¨¨¬     , /
     ./                  ヽ、   /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  (´   ─、,,_  入_____ク
  }         \_/   /   ___                   「ならば責任を取らねばならぬ! 過去のやる夫!
  {   ─、,_   !   、!  /     \
  ヽ      ヽ/  /(/   \ , , /\             貴様のような邪悪な魔王を打ち倒すのは他ならぬ
   ヽ ¬─-ー"  /   ノ   (〇)  (〇) \
    ゝ、_     _L  / ヽ     (__人__)   |           .現在のやる夫の拳でなければならない――!」
      `゛ー<  /    ヽ    |r┬-|  ,/
          ∨       ヘ  `ー'´  r'.二ヽ、     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ

132: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:50:43 ID:Xni2Wu.oSa

                                 li!i!||i| i!
                               |i!!|l |l i!|i li
                             i!|i     i!|i!
                          i!  _ .-―- .i!
                         .-―-=イ  _ -    `ヾ´三二 ー- .__
              ____ 彡 ー-=.>ニ¨       /     ヽ/   ` ア
             /―  ―\               /       / ̄ ¨: :ヽ /. }
           / ●   ●  \..   ∧_      , '       ,': :: :: :: :: : ',. : i
    ....>ー‐- |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |. ,_'.‐  ¨ ー- ._      z7.: :: :: :: :: :/. i. ノ
   .., '    / >           ィ’./        . :i ‐-=‐ ¨ ,' : :: :: :: :: :: : , '
. ., ィ   , 'i   ,'  \       .i /    ,'     . :}  . ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
../  i     ` X._  `ヽ;   ノ /     ,'  /   ,'
.  i/      i /  ¨ ´ `¨´、,. :',   /. :. :/ ,'  /`ヽ     “世に永遠に生くる者なし”の拳が
. /¨  ' ‐- ., i         . :ヾ ',. :√7wkvュ__ , '. : ,
..、        ,、          . :i ∨.      `ーi!,´. :      .過去のやる夫の胸を深々と貫いた。
..  _   / ` <       .> i!          iト、_: . ト
`' , }   ̄       ` ' ー-=、 . :/ i|!li|!       i|!i!ヽ、  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. : /                ヽ i!  !|!l      il|! i!: . /.{_/z'ー"¨´: :_.-‐=ヽ
_/                   i|!    l| il!| i! i   i!//: :: :: :: :: :: : /     ',
.                   ii!           i|!/.: :',: :: :: :: :: : ∧
                     i|!          i!: :: :: : ',: :: :: :: : ,' i      l
..                  i!             i!‐- . : :ヽ: :: : /  i      .l
.                      i|!             i!|   ≧‐-≦/   i       |





              __......_
            /―  :::::::::::::                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           /  ●  ::::::::::::::::
             | ⊂⊃ (_::::::::::::::::::                  死だ。消滅がある。過去のやる夫が
             ヽ     :::::::::::::::::
            /       :::::::::::::                     消えていく、その最後。幼い姿の魔王は
              i 丶    i :::::::::::::::::
           γ⌒゙ヽ  l ::::::::::::::::::::::                  まるで泣き言のようにこうこぼした。
           i    i,__,,ノ :::::::::::::::::::::::
          ヽ,_,ノ"~´ ̄  ̄                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

133: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:51:35 ID:Xni2Wu.oSa



                                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     _.............                                     やる夫
    /―::::::::::::::::::                          「誰からも切り捨てられた過去は、悲惨な過去は
  /  ●::::::::::::::::::::::::
  | ⊂⊃:::::::::::::::::::::::::                      この世に在るべきではないのでしょうか……」
  ヽ   :::::::::::::::::::::::::
  /    :::::::::::::::::::::::::                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

134: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:51:45 ID:Xni2Wu.oSa

               ____
             /      \
           / \    / \
          /   (●)  (●)  \      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/           「……回収だ、“世に永遠に生くる者なし”!
          ノ    ー‐ _  \
         {  、  __γrァヽ  }          .これで対象が他人なら新たな身勝手が生まれるが、
         \        _ノ  iノ
           ≧=‐--   ¨    |           幸いにも今回の相手はやる夫自身に他ならない!」
              |            |
              l            l        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             |       /、    l
            |    /  ヘ    l
            l     /   ヘ  l
          (__)   (__)




                           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                              「既に日常と化した“やる夫がふたりいる”という状況を破壊し!
     _.............
    /―::::::::::::::::::                      新たな非日常、“やる夫が一人しかいない”という状況を生み出す!
  /  ●::::::::::::::::::::::::
  | ⊂⊃:::::::::::::::::::::::::                  元通りにすべてを統合せよ、過去と現在のやる夫――!」
  ヽ   :::::::::::::::::::::::::  ..r-
  /    :::::::::::::::::::::::::   ヽ ` ー- __     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  `ー- .._   ニ ‐- 、
                    , '"       \
                     {/        \
                     ヽ'/        丶、
                       ヽ. _´\
                          ̄´\
                            `



     _.............
    /―::::::::::::::::::
  /  ー::::::::::::::::::::::::
  | ⊂⊃:::::::::::::::::::::::::
  ヽ   :::::::::::::::::::::::::
  /    :::::::::::::::::::::::::

135: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:52:07 ID:Xni2Wu.oSa



                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜    .そして、日常の魔王・過去のやる夫は
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚        現在のやる夫と統合して消えた――。
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;.┏━━━. |.  後には何も残らない、そう、何も――。          ..|
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;:         |                                    |
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;    - 魔. |.  魔王城はじきに崩落するだろう。真紅への洗脳も、   |
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;'         |                                    |
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:.┗━━━. |.  もはや効果は全て消え失せている――。         |
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;.|__________  _____________|
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|              V , '´l,
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|              , -─-'- 、i_
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';; |        .__, '´       ヽ、
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|        .',ー-- ●       ヽ、
─────────────────────────━━━━━. `"'ゝ、_          ', ━━━━━━━━━
                                                〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
                                                 `ー´    ヽi`ヽ iノ
                                                          ! /
                                                        r'´、ヽ
                                                        `´ヽノ

136: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:52:40 ID:Xni2Wu.oSa



        ____
      /      \              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     / ─    ─ \
   /   (―)  (―)  \                .そしてやる夫は思い出す――。
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/                 過去を分割したことで忘れていた全てを――。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |                    過去を切り離してまで忘れたかった全てを――。
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        ____
      /      \                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \                「……さあ、巴マミ。次の魔王を殺しにいくお。
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/                    やる夫はやる夫が世界唯一の魔王となるために、
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |                 マミは偽とはいえ勇者の使命を果たすために――」
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

137: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:52:52 ID:Xni2Wu.oSa

       ___,,, ,,,, ,,,,,_
     ,r ´    ;   \
   ./   /    /`ヽ  ヽ                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  /  .// l/  从  γ、
  '´|  l ii     ii | l弋ノ                 「ねえやる夫さん、泣きたいと思った事はある?」
   ヽ乂 ||      || リ´)
  l二入____ワ___.,ィ7´彡              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  辷彡┘ /{:::u::::} ヽ ゙辷ヨ
  乂   /  介    }  乂



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \                      ┏━━━━━━┓
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)               「急に何」
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/               ┗━━━━━━┛
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

138: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:53:38 ID:Xni2Wu.oSa

                -‐――-
                       `
                             冫
            /      /
        /      /   / ./     |ハ
           /     |    /| ./|      |            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.       /|  |  |  |  , / .|/八、 .| l    }
        |  |  |斗|//  |  ̄\| l/  rく〉            「私はあるわ。心の底から泣きたいと思った事が。
.        rく)、.   V′ _     _   |/  / Yご}
         (しハ |  l| ===     ===/ ./| |_シ              今や涙なんて枯れた勇者の身ではあるけれど、
         `⌒り 八〃       〃/イ 人人__,、
          rく__ノ⌒     __    丿  ___≧彡ヘ           .そういう過去があったことは覚えている……」
.        ┌く  `ー┐ ≧      ≦]  {____彡′
      八 ≧ --┴r‐┘ ̄][  ̄└‐ 、≧==―┐        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.          )≧/    }    ][       | ̄ ̄ ヽ 〈
        〈 /    / {三≧笊≦三} |     V




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
∨    l  `'Λ                         | l         │  │         i′
    .l   ゙'レ    |.l                 リ l             lr'゙} ._.!        .il|
     !    `    从                 l,!            ! .|リ       /!  ./ |
____..!         l l                  リ           ,ト |     l |しイ {
/////ヘ.,   |.l     .! .l                              /  |       !   /
//// !ヘ  ゙l l   .、│ . l                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.i/i/   ',____..  廴)  .ヽ
/i/ II iI  ,;;;;;;∧.l  ! ノ⌒i 廴                ノ|          .「そしてそんな心境の時に、その場に
 ̄i      |;;;;;/ ヘ_! ...l .!.  +.そ               l゙ .l゙
  | ┌┐ | ;.; i ヘ\_BOX ||  ヽ           ! .,!         自分一人の孤独しかなかったことの
,.,.,| |!+!|. |;.;.;.;_ ', \ ̄ ̄|`i    __   ___   | .l,〃
;.;.;.;  ̄. ..;.;.;.;.;.||| |  ̄|ii ii | | ,,:,,,,, |I|__ト、./   ',  /  て        遣る瀬無さを覚えている――」
;,;,;,;,__ ;,;,;,;,;,;iii....| |`i|..  | ii.|,;,;,;,,, ..|I.ノ (. |¨|. ',┌──┐
;:;:;:;:;ii || ii |;:;:;:;; ̄ .|  `.|i.、   ,..|;:;:;:;:;.`Y   |..________.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ̄`i`i ̄ ̄ ̄i`i ̄ ̄i''/i.,ノ)i| ̄ii ̄i ̄|.|   人 TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT| ̄ii ̄i ̄`i
_二.|..|..二.. ,..|..|二 `Y´( i/ ̄'.  ̄'l.,/    く、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ヽ、  /i_|  ) 、.::: /       }. ̄ ̄ ̄...丿)   ̄ ̄ ̄ ̄`--i:::::..、..
:::::::::.__,ノ )./'__./ (_,ノ).: (::::::::::::::::::::::  \ノ!.::: ;../ (.;;;;;;;;;;;;;.ノ!.;;;;;;;;\ ̄.   ,ノ).:
::::::::.(.  (_,/     (__)    ::::::::::::::::::::::ゝ/  ,).. _-.| \.=  \..`Y´(
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

139: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:53:52 ID:Xni2Wu.oSa

                  -=‐-- 、
              ´        `ー 、
           /              ヽ
            '    ,イ     ハ          ',
         /     / !    ′',  i       i
.          ′  -/‐ │  /‐- 、. l       !        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.        !( Y  /   i   /     ∨ !    (())
.        ! (_i iノ i|   i /   ii   ヽ!i   ((><))        .「もしも、あなたが心の底から泣きたいような
   ┌‐―-圦 ゝ、i !!   レ′  i|   リ   (())
.   \  ヽ `ヽ i′,,,            / /   />----、    ..気持ちになる日が来たのなら。その時は
      \   \.込          ''' / /´)_〃     /
. yr‐‐-―=ヽ.  \r>、._`´       .斗-ヲ´ /  /      .胸を貸すぐらいはしてあげたいと、そう思ったの」
/ \___     X   ゝ、 「¨1 r‐三.゙ /  /  ∠_____
\   \ ̄ ̄ ̄`十ー¨ー└三=r‐┴ ┴i.〃  /    /ヽ.. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.. \  \    i___」   !_____i ` ̄ ̄ ̄ ̄/ /
.    \  \    i    ヲ===.!    〉i     / /
  x=二X_丿   人   !    '.   /i}i    〈  入
.  乂!         ゝ、__ノ .::   ゝ、_丿 !     `ー==x、





         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /                           ┏━━━━━━━┓
        /         \.
       |   ・    ・     )                                 「マミ……」
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |                          ┗━━━━━━━┛
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

140: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:54:24 ID:Xni2Wu.oSa



      _                ___
  ...../―|   ____    | .― \
  /(●) |..  /⌒  ⌒\  | (●) \
../   (__ノ|../ ●   ●  \..|人__)     \
.|     ` |..|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |.|⌒´      |      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
...\___..|.>   '、_ノ     ィ’|_____/
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                  「じゃあこれからマミのことママって呼んでもいいかお!?」
         |   ・    ・     )
       .|  |         /  /              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         |   |       /  / |
         |  |      /  /  |
        (YYYヾ  Y (YYYヽ |
       (___ノ-'-('___)_ノ

141: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:54:40 ID:Xni2Wu.oSa

                                                   (:::::::::::::::!'            ./^l  r i /ニヽ
                                                   ヽ::::::::';'''             ./ /   ! i | |.| |
                                                   τ'::/ .;:             ./ /   | .| | U |
                                                    )/                / ./   | .| `ー'
                                                 。            '  / /    .| |.. .;:
                                                                 //       J..`'''`~
                                             f''`⌒(     ,,,,          ."       .!:(',,,,、
                                             ,!,,,、(     /::τ          .r-- ―-、.:::::::::::::::
                                         :.、          !:::(     ノ::`!  ...~.= フ /:::::::::::::
             .,.---、                                ゜     (/      ⌒・ .  ,' /ー".::::::::;;.;`` '
      .マー ´ ̄`)::::::ノ、                            _      ,,、..   //...__.'           レ.//'''`'`'` `
     ,.ィ. ー-r { }っ ,r.、j                        /―|..π /;::::::::(,.,.(;;;::::(. | .― \.  .(二ニ
     .{/{! ィiミ ( Y ) /ィュ{_rァ___________ャ==.、●).|... .):::::::::::::::::::::::::::/..| (●) \  ..__,,、 -‐ ニ.`
       ゞィ;.,ィ´r'  ̄ ̄ ̄,-、-ァ三三三三_rrnn三三三三ニ(8==-′..|.τ !::::::::::::::::::::::::::::)..|人__)  ...(二~ -― ''"      :'`'`
          ./ {i__,,.. -=7 ノ¨´  ,,..  -―¨¨´      |     ` |..|. (::::::::::::::::::::::::::::冫.|⌒´      ○.::::`:::,,,,        !::
  , -= 、   ゞ=≦:ヽン' / `゙¨¨´              \___.. :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,.|____..O .''''''"
. .j    ヽ  〕 ヽ..__/                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ     0
 (,. --- .、 ヾ;リ:j:;::ヾ=イィ{_                           |   ・    ・     )
  ゝ / ,.'⌒Y `ヽ  {¨::::::::::ヽ                          |  |         /  /
   `つ /    !   ヽ j::::::;、::::::::ヽ                       |   |       /  / |
     .'⌒ヾ、J  、 __ソ ''´ `ヽ::::::::'.,                     |  |      /  /  |
        /::::::::T___}         ヽ/,'ハ                    (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     /:::::::::/)}             ヾマハ                    (___ノ-'-('___)_ノ
    ..,:::::::::/ィ_j             マ;ム
    ..“ー- "´                ノ_}

142: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:55:13 ID:Xni2Wu.oSa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
          -‐……‐-ミ
     /             \
.     /  /           `ヽ
   .'  /  . / / / /ヽヽ  ‘,
    i rz{   !.i/l/l/   }ハ i }
.   ‘,(:::',  i l  ┃     ┃ j/ /
.   {二ミ\トヽ     ワ   ノイ                          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   {ニミソ` `≧=‐- -‐=≦ニミ}                         |.  巴マミはこの後、このような弁明を残した……。   .|
.   `ソ  /  {f⌒()⌒i}ヽ`ソ                         |.  「今撃てば当たるぞと頭の中で声がした……。     |
       /  ィ ゞ-介r'゙.ノ、         ., -─‐──‐-、       .|.  気付いたら体が勝手に動いていた……。       |
     ,.イ  /〉  〈/ l」 〈  ヽ、      /        ゚    \    |.  撃つつもりはなかったが射殺してしまった……」   .....|
    ∧ `‐/:'丶、/\,.イヽノ ハ  ../ ;  ゜      °  \_.  _|.  なおやる夫はその後問題なく蘇生し、          .|
    `¨`'r'::::/::::i::::::::i:::::::',:::〉‐'¨´.  l         ;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒...|.  崩落する魔王城から無事に脱出を果たした……。 ..|
        ``7ヽ⊥::::⊥ ィ´     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;   |ー. |_____________  _________|
       /、___/   !_,!       !   _ノ′ヽ、__               ,;   \ ,rー、.         V
.       /、_/    j__|        .ゝ ((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ              , '´l,
      〈::⌒ソ    {:::::⌒ヽ     .(  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ.         ., -─-'- 、i_
         ̄        ̄ ̄  ´ ´ `゚~゜´^".`寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._.゙ ^ ゚   __, '´       ヽ、
                              `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}    .',ー-- ●       ヽ、
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━..`"'ゝ、_          ',. ━━
                                                          〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
                                                           `ー´    ヽi`ヽ iノ
                                                                    ! /
                                                                  r'´、ヽ
                                                                  `´ヽノ

143: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:55:24 ID:Xni2Wu.oSa

               / ̄ ̄ ̄\
             /―   ―   \
            / (●)  (●)   \...___,,, ,,,, ,,,,,_
              |    (__人__)   ..,r ´    ;   \
.       {__}    \   ` ⌒´   /   /    /`ヽ  ヽ
      l1 ,. -  、ノ           /  .// l/  从  γ、.
    rz=γ⌒ヽ  \rf} ィ ̄>、 '´|  l ii     ii | l弋ノ.
    Y⌒ Y1  ! z=、}z} `´/:.:.:}ミ、.ヽ乂 ||      || リ´)
      '、__ノ::i  fイ__)==zュ、}__/_/:).l二入____ワ___.,ィ7´彡..
    _,.く:::::::::ヘ  `Y: : : : :\─-`Y´.辷彡┘ /{:::u::::} ヽ ゙辷ヨ
  /   }!::::{ 入/: : :r--1 }::::: , -─────--_, _}_,.乂
 /   /イ::,ノ :} _\: : :1ヘ::::Y<__________/__,.〉/ /=z、
. i   / / / イ::::::::::::i: : :!: : Y-======== z___/ _!/γY
. !  i / / ノ__,ノ : :.i : : |:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.::.:.:.!:.:.:.::.:.:. ̄:.!ヽイ/ {!j  .___________|\
. i: :: :i { </ ` ─--─一 ┐:i:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. jノ∧ /. .[|[||  To Be Continued....!    >
 ! : :.i、 ソ           `ー──────‐ '´ ̄!__{__ノ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

144: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:57:15 ID:Xni2Wu.oSa

               /
    ..、         /
    ..} \       ′
    ..廴 ノ ―― 、{
             , :ァx  r―‐- .   ,ィ_
             ,{ :{'7不ヽ    ≧く.:/ ,ィ
       ⊂  / ∧乂 :{:\\     ∨.:>
     ⊂    ,′/:/{`ト-:. : : `:..≧ー----{7⌒>ーx、
            | : {: {八:ト、:.{\: :.:. : :.:.丁:「: }`ヽ.: .:/.:.ヽ
     .⊂  人/ト ノ  `ー `廴ヽ: :.}:ノ:.:リァ V.:.:.:.:.. :}
           .i⌒} \    /  i⌒fう⌒iノ  }::::.:.:ノ:リ          今回の投下は以上です。
      .,. :≦辷:{´ ̄   ´  ̄  >ァ'^ヘ.ノ  __ヶ≦r‐<\
      く_r‐く´ 込. _ (〉r― ≦ (:i: : : \/  __ .>r'⌒¨        次回はもう少し早い投下間隔を目指します……。
      (__>┴―≦ >く`ヽ.   > ---`<´:_ノて:う:)
            (__ノ¨¨¨´ ̄           ̄

145: ◆xCDm1f0Os. :2019/08/17(土) 10:58:52 ID:Xni2Wu.oSa





          ./ ̄ ̄\                          ◆ 過去のやる夫(日常の魔王)
          ./      \
        | _  、_. |                       〇 非日常を取り除き、日常に帰還する力を持つ。
          .| ヽ・〉 〈・ノ .│
          .|    ▼     | ~^`' ‐- .,__             〇 彼が望む日常に彼は一度も足を踏み入れたことがない。
          .| ヽ_人_ / .|         `ぃ.,_
         .ヽ.. .⌒⌒  /.     ___. .~^`' ‐- .,__.   〇 金髪の女が好み。
         { ヽ       /.     /―  ―\. :. :. :. :. : .~^丶
        .{i; ハ`'ー…ォァ犲   / ●   ● \. :. ; ノ:. : .  ○  “ライオン体を持つライオン面人間”のスタンドヴィジョン
         {ル             |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|. .r'⌒  : . :.
      /               \        /..,ノ'′    :.   なのだが伝わらないのではないかという気がとてもする。
   .^ソ~ヾ                (  ~⌒γ⌒ ) ;j}      :
  . 〃  ー‐-ミ     .j彡'~^~^~Y.λ `ー'^ー'i..,:i:j{      : . : . : :. :. ;jト、
  . i;   : .   ⌒j㌻"      ,ノ 〈      ノ.冖ソ  .,_    :._;. :. :. : .'" ノ 丶,_
  . 丶 .,_ : . __ア´       ,. '゙j狄j.j   厂 {.‐ '′ __j「: . ?ァ≦--‐ァ~`メャ'    ~^
       .``' ‐{_ノ ,   ノt,. '''゙….(_ 人_ヽ    `Yー┷'⌒¨'ー'‐ゝ'“⌒`'  .,_
            `i_ノ /ノ'′        ~¨¨`゙''“¬‐‐‐…'′
              ~¨´



                          / ̄ ̄\
      ./ ̄ ̄\               /      \
  ..../      \               | _  、_. |
   |    -‐'  へ |              .| ヽ・〉 〈・ノ .│          ◆ やる夫の父母
   |  (● ) (● ) |              .|    ▼     |
   |     |  │               | ヽ_人_ / .|            〇 左が父親、右が母親。
   |    __´___   l             ヽ.. .⌒⌒  /.
  ....ヽ        !                 ヽ       /.、          .〇 母親はストレスでハゲたが元は金髪。
   ....ヽ       ノ                  `'ー…ォァ´   \
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ]ゝ      ヽ        .〇 貧乏落ちするまでは普通に仲睦まじかった。
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ__,ノ        l
.     |     /        〈〉        ヽ       |        貧乏の原因は着の身着のままでの駆け落ち。
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ       /
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ___/

146: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/17(土) 11:26:35 ID:9LnI8GTI00
乙でしたー。
投下を今か今かと楽しみに待っていました。

147: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/17(土) 11:43:24 ID:ak8SOEYA00

>貧乏の原因は着の身着のままでの駆け落ち。
自業自得じゃねえかw

148: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/17(土) 12:42:06 ID:77.jaZSI00


149: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/17(土) 16:27:24 ID:BWuP0C0I00
乙です
待ってた

150: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/17(土) 20:59:44 ID:f84nSxV200
乙です

相変わらず独特の世界観が最高だぜ!

151: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/18(日) 01:29:49 ID:kNI5AcLU00


152: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/19(月) 18:52:27 ID:6SOBNVvQ00

うーむ癖になる

153: 令和もどこかの名無しさん :2019/08/22(木) 17:09:09 ID:s8EKgfsUSr
乙でした!
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
-->