やる夫ミュージアム
 


                                                     _                /L _____,|\
                                              /`ー―――┘Vゝ-----'ヘ     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘:,
                                           〈:.:.:.:.:.:.:.:.<><>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉   〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                                              \r―‐┐:.:.:.:.:.:.:.∧___,/      |:.:.:. | ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.: |
                                                |:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     :|:.:.:. |    |:.:.:.:.:.:.: /
                                                |:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    _|:.:.:. |_   |:.:.:.:.:.:./
                                                /:.:.:.: ∧:.:.r―‐┐:.:.:.:.: |   \:.:.:/   /:.:.:.:. /
                                                  /:.:. /  `¨   |:.:.:.:.: />-ミ.     /:.:.: /
                              -‐‐==‐‐-- ミ           ,/: /        /:.:.:./∧:.:.:r┘  ,/:.:.: /
                           ,,..  ´_厂::::::::::::::::::::::::::::::..         ,//           /:.:/∨∨:.:/  /:.:.:.:/
                     __/_ >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..                  //   //    ̄ ̄
                    /        }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                 /   / >‐ァ{{/{::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::..            /\
                   / / ,/  / {{ }::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.           /:.:.:.:.:.:丶  ―誠は黒い医者と呼ばれるようです―
               / /   /   / {{ }:::::::::::::::::::::::::::::: / ∧:::::::::::::::::.        \:.:.:.:.: /
                  / /  /   /    }:::::::::::::::::‘:,:::::::::: / ∧::::::::::::::::           ヽ:/
               /               /  }:::::::::::::::::::‘:,:::::::‘:,:::∧::::::::::::::
                |           |∨   }  ト、:::::::::::‘:,:::::::‘:,::∧:::::::::::|            /L _l、            /L ______,l\
                |           | ‘:,      |: :\{\斗<:∧::∧_:::::: し'}    /{      /:.:.:.:.:.:‘:, ∧∧> 、      :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〉
                |/|         {`≧ミメ、、 斗<´笊芹ミァⅤ:::} Y:::::≧=‐ / {      ‘:,:.:.:.:.:. / ∨∨:.: /      :〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
                | :∧  :|  |   {{{ Vハ :、 乂: :.:_乂z:ツ ′:!::: |ン!::::「    /ニ{        /ゝ-ヘ     /:.:/      :|:.:.:.| ̄ ̄|:.:.:.:.:.: /
                l/ ‘:, |  |、 {  ゞ'′\厂:ヽ:. : : : : : : : :l∧l,/斗<ニ/ニ{       〈:.:.:.:.:.:.:〉   /:.:/        |:.:.:.|    |:.:.:.:.:./
                   ‘:,|\| \「      }   `メ、: : : : :.:/ イニニニ=/ニ{         ヘr‐‐v' /:.://:、     _|:.:.:.|_   |:.:.:. /
           r――――――‐‐=≦二∧     `      `メ、: /|::/二二ニ /ニ {         斗<:.:.:./:.:. └‐‐ァ  >-< /:.:.:./
            寸二二二ニニニニニニニ丶  `ー__‐一'′   イ :|,′二ニ=/ニ={          /:.:.:.:.:.:.:/:,:.:.:.:.:.:.:.∧∧:.:.:. r'′:.:.:.:/
             .寸二二二ニニニニニニニ=‐-         イ:::. / }二二/ニニ〃       〈:.:.:.:.:./   ヘ|:.:.:.|/∨∨: / :.:.:. /
               寸二二二二二二二二二二/≧=‐=≦:::...   /   }ニ=/ニニ/           ヘ:./     〈:.:.:.:〉  ///:.:./
                  マニニニニニニニニニ / 乂   _ 斗<    }= /ニニ/、                       `¨¨´
                   `マニニニニニニニ=/  /∨}   }≧=‐-  、./ニニ/二\                       -‐――‐-
                / 寸二二ニニニニ/ |イ>{ }ト、  {二二ニニニニ/二ニニ\                 -‐=≦ニニニニニニ≧=‐-
              r――‐┘ニニニニニ/|  // 冂{ ハ‘:, }二ニニニ= /二二ニニ 〕iトミ __      -‐=≦ニニニニニニニニニニニニニ=‐-
               |\ニニニニニニニ /i | ,// /|| ||Vハハ{二二ニ= /二二二ニニニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐-
               |ニ 寸ニニニニニ=/i:i:i| {{_/ :!! !! Vハ }ニニニ /二二ニニニニニニニニ‘:,ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐-
               |二ニ 寸二二二二/i:i:i: |     || || Vハ {ニニ= /ニニニニニニニニニ/ニ‘:,ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐-
               |=/二ニ寸ニニニ/i:i:i:i:i:|     || ||  //二二 /二二二二二ニニニニ/二二=‘:,ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐-
               |/ニニニ寸二ニ/i:i:i:i:i:i:i|     || |l  //二二 /ニニニニニニニニニ/二二ニニ‘:,ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐-
               |ニ__,,.ニ-‐ 寸=,|i:i:i:i:i:i:i:i|     || ||//ニ= /ニニニニニニニニニ/ニニニニニ‘,ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐-
              厂 ̄二二二ニニニ|i:i:i:i:i:i:i:i|     }{ ||i /ニ /二二二ニニニニニニ /ニニニニニニ‘,ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐-
           /二ニニニニニニニ|i:i:i:i:i:i:i: \__/i:i}{/=,/ニ_二二ニニニニニニニ/二二二二ニニニ乂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_,,..  -‐===‐‐- 、
          ./二二二ニニニニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_ /=/ ヽニニニ\二ニニニニニニニニニニニニ`7二ニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニ /
        ./ニニニニニニニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ー一'  / Y二二ニ=\二二二二ニニニニニニニニ|_ニニニニニニニニニニ ___/二二二二二ニニ/|
        /ニニニニニニ≧=‐――――‐ァ=‐/        ′/ !二二二ニニ\ニニニニニニニニニニニニニ≧=- 二二二二二ニ/二二ニニニニニニニニ /ニ ≧=‐-
        ,′二二ニニニニニニニニニ /  /′          / |二ニニニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニ≧=‐‐--‐‐=彡二二ニニニニニニニニ/ニニニニニ
        }二二二二ニニニニニニニ /   ,′         イ二ニニニニニニ 〕iトミニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ斗-<ニニニニニ
        }二ニニニニニニニニニニ/   /         ´ /二二ニニニニニニニニ〕iトミ二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニ
        }二ニニニニニニニニニ=/    |         __/二二ニニニニニニニニニニニ〕iトミ二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ
        } ≧=‐-  二二ニニニニ |     |__  -‐=≦「i:i}二二二二ニニニニニニニニニニニニニ〕iトミニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニ
        }ニニニニ≧=‐-  二二ニ|≧=ァ=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニ 〕iトミニニニニニニニニニニニ斗<ニニニニニニニニニニニ
        }ニニニニニニニニ≧=‐‐=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i }ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧o。ニニニニニニ斗<二二二二二ニニニニニニニニ



予告                         第一話 『その子を殺すな!』               第二話 『人面瘡』

第三話 『からだが石に……』           第四話 『ダーティー・ジャック』               第五話 『BJそっくり』

第六話 『ときには真珠のように』         第七話 『流れ作業』                    .第八話 『恐怖菌』

第九話 『犬のささやき』              .第十話 『二度死んだ少年』                .埋めネタ 嘘予告『やるやらが行く伊勢参り』+没スレ集1

第十一話 『死者との対話』            第十二話 『二人の黒い医者』               第十三話 『おばあちゃん』

第十四話 『二人の星石』             第十五話 『針』                       第十六話 『病院ジャック』

第十七話 『不発弾』                第十八話 『のろわれた手術』               トリビアのSEED 伊達政宗はネズミの味噌汁を食べて【】

第十九話 『小うるさい自殺者』          .第二十話 『気の弱いきめえ夫』              第二十一話 『助っ人』

第二十二話 『あるスターの死』          埋めネタ 短編『蛸の足』                  .第二十三話 『二人のレン』

第二十四話 『えらばれたマスク』        .嘘予告 そしてフランはいなくなったようです       第二十五話 『二人目がいた!!』

第二十六話 『笑い上戸』             第二十七話 『畸形嚢腫』                 .第二十八話 『チルノ愛してる』

第二十九話 『チルノ再び』            第三十話 『報復』                      .第三十一話 『夜明けのできごと』

第三十二話 『音楽のある風景』         .第三十三話 『されどいつわりの日々』          .第三十四話 『ネコとお空と』

第三十五話 『がめつい同士』          .第三十六話 『座頭医師』                 .第三十七話 『誘拐』

第三十八話 『灰色の館』             登場人物紹介                        第三十九話 『めぐり会い』

第四十話 『やる夫血腫』             第四十一話 『魔王大尉』                  第四十二話 『死への一時間』

第四十三話 『研修医たち』            .短編 孤独のやらない夫・グルメ風(コンビニおにぎり編)

第四十四話 『赤ちゃんのバラード』
















関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
-->